月刊小笠原諸島 Monthly Bonin Islands 


小笠原諸島情報ファイル 2011-15 Vol.7-11

2011-15理工系

    はじめに      

         小笠原諸島情報ファイル2016へもどる

        2011-15人間科学とその他

     引用文献

            凡例 1,・2011-15 Vol.7-11合併号に編集
                    2,掲載は発行年の新しいものから降順、同年は不規則。
           3,編著者(発行年)記事名、掲載紙誌名、掲載頁、判サイズ、発行者又は出版社。 

[2015]
・大林隆司(2015)小笠原からの手紙20 グリーンアノールとの闘い チルチンびと86 202-203 風土社 *写真10点掲載

・ 鈴木 創・鈴木直子(2015) 小笠原諸島におけるオガサワラオオコウモリの食性
小笠原研究41 1-10 首都大学東京小笠原研究委員会

・Kenichi Yazaki, Katsushi Kuroda, Takashi Nakano, Mitsutoshi Kitao, Hiroyuki T
obita, Mayumi Y. Ogasa, Atsushi Ishida(2015)Recovery of Physiological Traits in
Saplings of Invasive Bischofia Tree Compared with Three Species Native to the Bo
nin Islands under Successive Drought and Irrigation Cycles. PLOS ONE:Published:A
ugust 20, 2015DOI: 10.1371/journal.pone.0135117
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0135117

・有川美紀子(2015)おどろき!おもしろい!小笠原の水の生きもの A4縦変形版横書カラ
ー 36pp NPO小笠原自然文化研究所 ISBN978-4-9907478-1-7 1200円+tax * 監修 佐々木哲朗


・ 大林隆司(2015)小笠原諸島における最初のセミの記録はいつか? 首都大学東京小笠原研究年報38 31-39

[2014]
・吉成 暁・佐竹 潔・佐々木哲郎(2014)小笠原諸島父島・母島における河川底生動物調査 兵庫陸水生物No.65:23-33 B5判縦 パートカラー

・前野深*(2014)西之島における噴火活動について(続報)12月14日
  http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/?p=4805#20141215maeno
  *東京大学地震研究所火山噴火予知研究センター

・ 豊田武司(2014)小笠原諸島固有植物ガイド A5変型 並製 624pp(内、カラー144pp) 株式会社ウッズプレス ISBN 978-4-907029-03-6

・ 大林隆司(2014)小笠原諸島における最初のセミの記録はいつか? Cicada 21(2) 45-49 B5版縦・横書2列分書 モノクロ写真入

・ 市原美恵(2014)父島で捉えた西之島火山の活動に伴う空振 2013年11月21日西之島の噴火活動 東大地震研広報アウトリーチ室
http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/20111122nishinoshima/#nishinosima0818

・ 前野深(2014)西之島における噴火活動について(続報) 2013年11月21日西之島の噴火活動 東大地震研広報アウトリーチ室
http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/20111122nishinoshima/#nishinosima0818

・ 諏訪兼位・白木敬一(2014)菊池 安ー無人岩(ボニナイト)を見した,明治時代の卓越した地質学者・鉱物学者― 地球科学68,39-64

・東京都建設局(2014)第4回北進線改修事業に係る専門家会議資料 資料1−8
 * 2014年2月17日、都庁・小笠原支庁・小笠原支庁母島出張所でTV会議により開催された会議資料

・ 金山恭子(2014)小笠原諸島の地質1 父島宮之浜 A4横p1 横書 両面カラー印刷

・ 金山恭子(2014)小笠原諸島の地質2 父島釣浜 A4横p1 横書 両面カラー印刷

・ 金山恭子(2014)小笠原諸島の地質3 父島長崎周辺 A4横p1 横書 両面カラー印刷

・ 金山恭子(2014)小笠原諸島の地質4 父島旭山 A4横p1 横書 両面カラー印刷

・ 金山恭子(2014)小笠原諸島の地質5 父島小港海岸・中山峠・コペペ海岸 A4横p1 横書 両面カラー印刷

・ 金山恭子(2014)小笠原諸島の地質6 父島三日月山 A4横p1 横書 両面カラー印刷

・ 金山恭子(2014)小笠原諸島の地質7 父島千尋岩 A4横p1 横書 両面カラー印刷

・ 金山恭子(2014)小笠原諸島の地質特別編 地球と小笠原の歴史 A4横p1 横書 裏面カラー印刷

・ 東京都立小笠原高等学校自然保護研究会(2014)信州大学山岳科学総合研究所信州フィールド科学奨励賞を受賞して 山岳科学総合研究所ニュースレター39 p4 信州大学山岳科学総合研究所 A4判縦、横書き

【2013】

・ 寺嶋芳江(2013)南の島の光るきのこ p10-14 milsil 4(vol.6)特集;発光生物 (独行)国立科学博物館 A4判縦 カラー印刷 週刊誌綴 ISSN 1882-5745

 一木重夫(2013)世界自然遺産・小笠原諸島の海藻利用、海藻資源no.29 px1-x3 日本海藻協会 ISSN2186-4977

・ HSI-TE SHIH, TOMOYUKI KOMAI & MIN-YUN LIU(2013)A new species of fiddler crab from the Ogasawara (Bonin) Islands,Japan, separated from the widely-distributed sister species Uca (Paraleptuca) crassipes (White,1847)(Crustacea:Decapoda:Brachyura: Ocypodidae) ZOOTAXA 3746(1):175-193 ISSN1175-5326(print edition)

・ TOMOYUKI KOMAI & PETER K.L.NG(2013)A new species of sesarmid crab of the genus Chiromantes (Crustacea:Decapoda:Brachyura)from the Ogasawara Islands,Japan ZOOTAXA 3681(5):539-551 ISSN1175-5326(print edition)

・Ando,Haruko, Setsuko,Suzuki, Horikoshi,Kazuo, Suzuki,Hajime, Umehara,Shoko, Miho,Inoue-Murayama, Isagi,Yuji(2013)Diet analysis by next-generation sequencing
indicates the frequent consumption of introduced plants by the critically endangered red-headed wood pigeon (Columba janthina nitens) in oceanic island habitats. Ecology and Evolution online: 19 SEP 2013 DOI:10.1002/ece3.773
Wiley Online Library
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ece3.773/full">http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ece3.773/full

・Kazuto Kawakami and Hiroyoshi Higuchi(2013)Estimation of the Population Size and Viability of the Bonin White-Eye Apalopteron familiare in the Bonin Islands, Japan;Ornithological Science Jun 2013 Vol.12,Issue1

・無署名(2013)小笠原諸島・兄島に外来トカゲ 政府専門委が非常事態宣言,MSN産経ニュース2013.6.17 20:44 科学欄
 http://sankei.jp.msn.com/science/news/130617/scn13061720490003-n1.htm/

・ Naoko Emura,Haruko Ando,Kazuto Kawakami,and Yuji Isagi(2013)Genetic and Morphological Differences among Populations of the Japanese Bush-Warbler (Aves: Sylviidae) on the Ogasawara Islands, Northern Pacific Pacific Science 67(2):187-196. 2013 Published by: University of Hawai'i Press

・ 有川美紀子(2013)アカガシラカラスバトの棲む島で 監修;堀越和夫 発行:特定非営利活動法人 小笠原自然文化研究所 A4縦変形 横書 37pp カラー

・ 梅原祥子・高橋千佳子編(2013)「あかぽっぽレストランメニュー」ver.1.1 発行:特定非営利活動法人 小笠原自然文化研究所 A5縦横書 53pp カラー印刷 中ステープラ止

・ 梅原祥子・高橋千佳子編(2013)あかぽっぽレストランメニューver.1.0,A5判横書28ppカラー,NPO法人小笠原自然文化研究所
* アカガシラカラスバト採食植物図鑑アカギ~ランタナ22種掲載

・ 小笠原諸島世界自然遺産地域連絡会議事務局(2013)兄島へのグリーンアノールの侵入について A3判横二折り カラー両面印刷 4p * 各戸配布
・ 神門英夫(2013)くろぽっぽからあかぽっぽへ幼鳥識別マニュアル 発行:公益財団法人 東京動物園協会 A5縦 横書 16総頁 カラー印刷 中ステープラ止

・ 千吉良 登・南 俊夫(2013)アホウドリってどんな鳥? NPO小笠原クラブ A4版縦 8p  カラー印刷 * 普及啓発パンフレット ※英名、学名、漢字「阿房鳥」を載せているが、「信天翁」の記述が無いのが残念。

・ 東京新聞広告局(2013)小笠原諸島返還45周年記念事業シンポジウム「小笠原に生きる動物たちの今」小笠原の固有種・希少種を守るために 東京新聞 2013-11-30 19面☆ カラー

【2012】
・ 東京都立小笠原高等学校自然保護研究会(2012)2011年度都立小笠原高等学校SPP報告書「小笠原諸島の地質と貝形虫について」 20pp 東京都立小笠原高等学校 A4判縦、横書き

・ Keiichi Shiraki,Hayaomi Urano,Naoshi Kuroda,Hiromi Nagai and Kanenori Suwa (2012)Naturalist Kikuchi Yasushi and the Descovery of Boninite Proc.INHIGEO 2011.Japan pp.167-172

・ 邑田裕子・坂崎信之・桜田通雄・横山 進・三浦重徳・平川 毅・邑田 仁(2012)江戸期から明治初期にかけての小笠原島産植物について−「小笠原嶋産物記」と「小笠原嶌航海記聞草稿」を中心に−,圭介文書研究会編;伊藤圭介日記18,p219-292:B5判縦 モノクロ写真入 名古屋市東山植物園刊

【2011】
・Tetsuto Abe and Hiromi Umeno(2011)Pattern Twig Cutting by introduced Rats in Insular Cloud Forests, Pacific Sciencevol(2011).65,no.1:27-39

・Tetsuto Abe・Katsuyuki Wada・Yuka Kato・Shun'ichi Makino・Isamu Okochi(2011)Alien pollinator promotes invasive mutualism in an insular pollination system,Biol Invasions(2011) 13:957-967

・Tetsuto Abe・Takaya Yasui・Shun'ichi Makino(2011)Vegitation status on Nishi-jima island(Ogasawara) before eradication of alien herbivore mammals:rapid expansion of an invasive alien tree, Casuarina equisetifolia (Casuarianaceae), J For Res(2011)16:484-491

・安部哲人(2011)日本の絶滅危惧樹木シリーズ(37)−ナガバキブシとハザクラキブシ−,林木の育種239:37-39 (社)林木育種協会

・有川美紀子・鈴木 創(2011)オガサワラオオコウモリ森をつくる 36pp 29×23cm ISBN978-4-338-27001-4

・尾崎清明*(2011)アホウドリの旅 若鳥の追跡 グリーンレター 33 12-15 公益信託富士フィルム・グリーンファンド *(財)山階鳥類研究所副所長

・鈴木唯司(2011)江戸時代の探検隊がみた小笠原の鳥 LAMER ラメール2011年3-4月号207,(36)2 ISSN0385-4787 19-21 (財)日本海事広報協会

・ 兼子伸吾・安部哲人・延島冬生・井鷺裕司(2011)小笠原産希少樹種における断片化した集団間の著しい遺伝的分化−ムニンフトモモおよびハザクラキブシの遺伝構造とその保全について 第122回日本森林学会大会(要旨)
* 3.11東日本大震災により大会が中止となったため内容は事前に投稿した要旨。

・無署名(2011)母島植物園にようこそ! A4判横 1枚両面印刷 母島植物愛好会 * 「母島の沖村で観察できる植物たちを紹介しています。」リーフレット

【2010】
・清水善和(2010)小笠原諸島に学ぶ進化論−閉ざされた世界の特異な生き物たち−
 ISBN978-4-7741-4268-5 C3045 B6判 pp215 技術評論社

・村野紀雄・星野フサ・沖山茂・坂本美穂・柏崎恵美(2010)小笠原村父島を探訪して(講演会記録) 菩多尼か[言偏ニ可](ぼたにか)28 4-18 北海道植物友の会 ISSN 1347-3336

【2009】
【2008】

・飯島慈裕(2008)小笠原諸島の気候 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 13-15 (財)地図情報センター A4判 ISSN 0286-3111

・今井健三(2008)小笠原諸島の海図 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 21-25 (財)地図情報センター A4判 ISSN 0286-3111

・刈谷愛彦(2008)小笠原諸島の地形と地質 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 8-12 (財)地図情報センター A4判 ISSN 0286-3111

・清水靖夫(2008)小笠原諸島の地図 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 4-7 (財)地図情報センター A4判 ISSN 0286-3111

・清水靖夫(2008)マボロシの「中ノ鳥島」 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 5(コラム) (財)地図情報センター A4判 ISSN 0286-3111

・清水靖夫(2008)小笠原諸島の20万分の1帝国図 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 39(裏表紙解説) (財)地図情報センター A4判 ISSN 0286-3111

・鈴木明子(2008)「だいち」が撮影した小笠原諸島 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 26-29 (財)地図情報センター A4判 ISSN 0286-3111

・東京都産業労働局農林水産部食料安全室(2008)小笠原におけるアフリカマイマイの現状と農作物被害対策 A4 8p カラー 登録番号(20)30

・堀 信行(2008)「骨島」と「沈水カルスト地形」:二つの40年に思う 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 2 (財)地図情報センター A4判  ISSN 0286-3111

・吉田圭一郎(2008)小笠原諸島の植物相と植生 地図情報(28-3)107号(特集小笠原諸島の地図) 16-20 (財)地図情報センター A4判 ISSN 0286-3111

【~2007】
・ 角田 清美・高橋 秋義(1977)小笠原諸島・父島の地形と八ツ瀬川水系の河川水について 駒沢大学大学院地理学研究7 15-25 駒沢大学大学院地理学研究会

・ 田場 穰・佐藤キエ子・高林光男(1975)小笠原群島の陸水1-南島陰陽池について-,日本大学文理学部自然科学研究所 研究紀要Vol.10 pp24-29