月刊小笠原諸島 198(04-'17) Monthly Bonin Islands 本文へジャンプ

小笠原諸島の火山

facebook
小笠原諸島外来植物
  Links 小笠原諸島の言語と文化
   Links 小笠原自然情報センター
 Links みやこ鳥
  Links 小笠原研究 
 Links               小笠原研究年報
  Links小笠原自然文化研究所データベース
  Links 小笠原自然科学系文献目録 

 Links太平洋島|島図書館―日本離島する文献目録
 Links
エトピリカ文庫

小笠原諸島情報ファイル
http://bonin-islands.world.coocan.jp/Jouhofile.html
the List of books,magazines,reports,newspapers and others
for Bonin Islands

 小笠原諸島情報ファイル 2016 Vol.12

 

・2015Vol.11を2011-2015Vol.7-11合併号に編集(2016-02-01)
・2014Vol.10を2011-2014Vol.7-10合併号に編集(2015-04-30)
・2011-13 Vol.7-9合併号に編集(2014-04-24)
・2011-12 Vol.7-8合併号に編集(2013-01-27)
・サイト内の引用文献を整理、「小笠原諸島の地名・山々引用文献」、「日本語事典引用文献」にまとめた。
プロフィールとの重複あり。(20121222)
・2011 Vol.7は・人間科学とその他、・理工系のページに整理。(2012-01-21)
再開にあたり
 延島冬生は、「小笠原諸島情報ファイル」'86(1987)-1991Vol.6(1992)を刊行した。これらは日本語ワープロで作成したものである。PCが使われだし、又インターネットも普及し小笠原諸島に関する情報の入手も容易になったので休刊した。インターネットによる情報の獲得も瞬時に出来るようになったし、世界自然遺産登録がらみで自然関係の情報センターやサイトも充実してきた。しかし、小笠原諸島にかかわる人間科学関係のサイトはあるものの、雑多なものを集めることでは十分ではない。当面、MLに搭載したものと重複もあるが、小笠原諸島関係のものは、気が付いたらパンフレットを含め何でも載せることで、様々な利用ができるようにしたい。(2011-07-03)
2 [人間科学とその他]と[理工系]に区分し、分かり易くした。(2011-08-07)
3.2011,2012を2011-12 Vol.7-8合併号に編集。(2013-01-23)
4.引用文献(~2012)を独立頁とし、小笠原諸島の地名・山々、日本語事典の2項目で掲載。(2013-02-15)

凡例
・編著者(発行年)記事名、掲載紙誌名、掲載頁、判サイズ、発行者又は出版社,順不同。

      |2011-15人間科学その他|

   
#2011-15理工系#

   引用文献

 目 次
         ・人間科学とその他
         理工系

 
    人間科学その他

・ 永六輔(1974)小笠原だより 『一泊二食三千円』109-111 中央公論社

・ 司麻とまと(2005)遠い島の人
109pp 四六版 碧天舎 *碧天舎倒産2006年

・ Jonas Ruegg*(2016)Tokugawa Japan's Discoverery of Ogasawara and the Origins of the Pelagic Empire 
A4縦 62+14p  *Master's Thesis

・ ヨナス・ルエグ*(2016)徳川時代日本の小笠原発見と海洋帝国の起源 
A4縦 5p 東京大学史料編纂所歴史と史料の会 *ハーバード大学(博士課程)

・ ダニエル・ロング(2015)小笠原諸島のことばと人々 (一財)千里文化財団 季刊民族学151
87-103 会員頒布

・ 小笠原村・伊豆諸島開発(株)・父島~母島間アクセスを考える会(2016)母島航路開設40周年記念 
カラー印刷 ポストカード 148*100mm

・ …(2016)投票済証 平成28年7月31日執行東京都知事選挙 第1投票区投票所

・ …(2016)投票済証 平成28年執行参議院議員選挙  投票所 
*投票所名記載なし

・ 小笠原消費生活協同組合(2016)第48回定期総会議案書 
A4判縦横書両面刷 15pp

・ 東京都立小笠原高等学校ビーデ祭実行委員会(2016)BEEDE FESTIVAL 2016
A5判横両面印刷 表紙カラー 左ホッチキス止 15pp 文化祭パンフレット

・ 東京都立小笠原高等学校(2016)高校だより 平成28年度1号
A3判横半折両面カラー印刷 4p+折り込み1p(本年度着任した教職員より)

・ 小笠原村環境課(2016)世界自然遺産小笠原諸島 登録5周年(5月版) 
A5横判左右三折横書カラー印刷 リーフレット

・ 鳴海 風(2003)怒濤逆巻くも 幕末の数学者 小野友五郎(上)
p339,351 小笠原諸島調査 新人物往来社 ISBN4-404-03128-9 C0093 \1900+tax

・ 鳴海 風(2003)怒濤逆巻くも 幕末の数学者 小野友五郎(下)
p30-66小笠原諸島回収,67,69,70,73,76,77,80,89,91,99,100,115,120,121,142,144,146,148,152,157,160,161,162,174,192-193,284,小笠原 新人物往来社 ISBN4-404-03129-7 C0093 \1900+tax

・ 岩瀬雄介(2015)母島レポート1977 
CD判

・ 小笠原村議会(2016)平成28年第1回小笠原村議会定例会会議録
CD判 小笠原村議会

・ 菊池輝雄編(2016)わが故郷は硫黄島
私家版 111pp 非売品 小笠原の海に生きた男 東京都漁業協同組合連合会前代表理事会長 菊池滋夫の生涯

・ 夏井坂 聡子(2016)硫黄島クロニクル~島民の運命(さだめ)~ (C)全国硫黄島島民の会 監修 石原 俊 
93pp

・ (一社)小笠原母島観光協会(2015?)小笠原母島シュノーケリングブック 
A4判横3折サイズ8面ジャバラ折 横書両面カラー印刷 
*発行年記載無

・ 小笠原ビジターセンター(2015)小笠原(父島)シュノーケリングポイントMAP 
A4判横3折 横書カラー

・ CHAPMAN, David(2016)The Bonin Islanders, 1830 to The present 225pp 235mmH Lexington Books ISBN 978-1-4985-1663-1

・ (公財)小笠原協会(2016)小笠原協会50年史 
218pp A4縦判横2段書 口絵写真パートカラー (公財)小笠原協会
* 題名は奥付による。表紙カバーでは「小笠原 OGASAWARA 公益財団法人小笠原協会創立五十周年史」

・山田迪生(2016)小笠原航路史ー南海へ夢を運んだ船ぶねー 1-20 小笠原特集61号 (公財)小笠原協会 A4縦判縦書

・鈴木高弘(2013)小笠原諸島の回収事業における阿部檪齋(二) 5-66 平成24年度第33号紀要 専修大学附属高等学校 
A4縦判縦書

・鈴木高弘(2012)水野忠徳と小笠原領有-小笠原領有確定への道はどう拓かれたか- 69-103 第32号紀要 専修大学附属高等学校 A4縦判横書

・鈴木高弘(2011)小笠原諸島回収事業における阿部檪齋-(覆刻資料)阿部檪齋著「豆嶼行記」- 240-138 平成21年度第31号紀要 専修大学附属高等学校 
縦21cm縦書

・鈴木高弘(2009)小笠原諸島領有と小花作助-新発見の「小花日記」を中心にして- 242-201 平成20年度第30号紀要 専修大学附属高等学校 
縦20.9cm縦書

・鈴木高弘(2008)小笠原諸島と欧米系島民の来住-天保10年の小友浦船「中吉丸」漂着前後を中心にして- 3-37 平成19年度第29号紀要 専修大学附属高等学校 
縦30cm横書

・小笠原海運(株)(2016)父島発着おがさわら丸で行く西之島クルーズ A5縦判横書左開 カラー印刷 4p 
* ツアー参加者用パンフレット

・小笠原村環境課(2016)世界自然遺産小笠原諸島 登録5周年 A5横判左右三折横書カラー印刷

・「島じまん2016」実行委員会(2016)「伊豆諸島・小笠原諸島」東京愛らんどフェア島じまん2016 A4縦判横書カラー両面印刷 
* 島じまん2016チラシ

・小笠原海運(株)(2016)新おがさわら丸就航!! 
A5縦判横書カラー印刷 10pp
*正誤表付

・小笠原村観光協会飲食部(2015?)小笠原ぐるめMap! 
A6縦判横書カラー印刷 31pp
*父島の飲食店紹介

・ 中村彰彦(2016)幕末・明治の残照-6-小笠原諸島の奇跡 東京新聞2016-2-13(土曜日13面こころ)

・小笠原村議会(2015)平成27年第4回小笠原村議会定例会会議録 CD判 小笠原村議会

・ 東京電力(2016)島嶼地域(伊豆諸島、小笠原諸島)にお住まいの お客さまへのお知らせ A5判(A4半折)縦,横書 カラー印刷

・小笠原村議会(2015)平成27年第3回小笠原村議会定例会会議録 CD判 小笠原村議会

・無署名(2016)世界自然遺産小笠原諸島を訪ねて 1月~3月の行事予定 ゲートボールかもめ 329(2) タブロイド判 (NPO)東京ゲートボール連合

・ 長谷川虚舟(2015)不可解瓦版450 小笠原望郷酔人結社二火会機関紙 B4判横1p 手書コピー


  理工系

・ Danica T. Harbaugh and Bruce G. Baldwin(2007)Phylogeny and biogeography of the sandalwoods (Santalum, Santalaceae): repeated dispersals throughout the Pacific1, American Journal of Botany Online
94(6):1028-1040

・ 河原 孝行(2003)分子マーカーを用いたムニンビャクダンの遺伝構造の解析 第114回 日本林学会大会
セッションID: R23

・ 東京都小笠原水産センター(2016)小笠原の海を調査し続けて43年 A4版横三折・横書カラー両面刷り

・ 海野 進・石塚 治・金山恭子(2016)母島列島地域の地質 46pp+1/5万地質図母島列島 (国研)産業技術総合研究所 地質調査総合研究センター

・ 深川良治・悦子(2016)「小笠原における省エネ住宅の可能性と実践」その2
2-3 小笠原213号 (公財)小笠原協会 タブロイド判縦書13字詰8段51行

・ 深川良治・悦子(2016)「小笠原における省エネ住宅の可能性と実践」その1
2-3 小笠原212号 (公財)小笠原協会 タブロイド判縦書13字詰8段51行

・ 東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所編(2016)海の観察ガイド 小笠原の生物 A5判縦カラー 横書 90pp 日本財団助成 * 監修;赤坂甲治(あかさかこうじ)-東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所長 執筆:新行内 博(しんぎょううちひろし)-都立小笠原高校・幸塚久典(こうつかひさのり)-東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所

・ 邑田 仁・平井一則(2007)小笠原の絶滅危惧植物の自生地復元を目指して-小石川植物園での保護増殖- 77-81 生物の科学遺伝61-2 (株)エヌ・ティー・エス A4縦判横書

・ Sugita N, Kawakami K and Nishiumi I(2016)Origin of Japanese White-eyes and Brown-eared Bulbuls on the Volcano Islands :Zoological Science 33: 146-153
* 著 者:Sugita N(杉田典正・国環研)、Kawakami K(川上和人)and Nishiumi I(西海功・科博)(火山列島のメジロとヒヨドリの起源)