月刊小笠原諸島 No.207(05-'19)
Monthly Bonin Islands

小笠原諸島歳時記2019
  Seasonal Letter 2019 01
-05 in Ogasawara



枯れタコヅル( Freycinetia formosana)[つるだこ]父島
Freycinetia
formosana 
in Chichijima

http://bonin-islands.world.coocan.jp/Saijiki2018.html

 はじめに  プロフィール&最近の著作 小笠原諸島写真館  歳時記2019
 世界自然遺産  環境カウンセラー 環境カウンセラー延べlog   小笠原諸島の山々
 小笠原諸島の火山  小笠原現代日本語事典  小笠原現代日本語事典改訂版(ブログ)  小笠原諸島地名事典 
小笠原諸島地名事典(ブログ)  小笠原諸島情報ファイル   Links  サイトマップ
歳時記2018
父島の雨  母島の雨  世界の雨分布リアルタイム

 * 歳事記2017~1999は歳時記2018から辿れます。

目次
地震 Earthqueke
津波 Tsunami
天文 Astronomy
天候 Weather
台風 Tyhoon
二見港の海水温 Sea surface Temperature at Futami harbor
生物 Bio
植生 Flora
動物 Fauna


! 地震 Earthqueke
2019年1-4月

  発生日時   震央地名  緯度  経度   深さ 震度 /西町 三日月山   母島
 1  2019/1/6 7:54:13  小笠原諸島東方沖  26°24.0′N 144°44.5′E   0km  M5.9      1
 2  2019/2/12 21:34:18  マリアナ諸島  19°23.3′N  145°42.1′E  127km  M6.5      1
 3  2019/2/15 12:34:57 硫黄島近海   25°26.2′N  141°03.3′E  0km  M4.9      1
 2019/3/3 1:34:05  硫黄島近海  22°29.2′N  143°40.6′E  131km  M5.4      1
 5  2019/3/7 2:43:59  父島近海(嫁島付近)  27°26.8′N  142°06.5′E  69km  M3.9  1    
 6  2019/3/7 4:50:34  小笠原諸島西方沖  26°09.0′N  141°04.1′E  27km  M4.7      1
 7  2019/4/12 16:30:05  硫黄島近海  25°58.0′N  141°24.5′E  547km  M5.8      1
・母島に地震計が設置されて南方だけでなく、小笠原諸島周辺の地震も観測されるようになった。
・深度地震は小笠原諸島西方沖ばかりだったが、4/12硫黄島近海であり、今後要注意。
(注)父島・母島で観測された震度1以上の地震を掲載。「父島近海」に()で方角を追記。
 * 気象庁>各種データ・資料>震度データベース検索
   http://www.data.jma.go.jp/


~ 津波 Tsunami
2019年1-4月 無し


& 天文 Astronomy
2019/3/21(木)春分

   日出* 日没*    標高* 昼の時間  月齢*2   天気(昼間)*4
 父島  5:34:38  17:42:5  3  12h8m21s  14.5
大潮 
 晴時々曇
 母島  5:34:38  17:42:5  32      観測せず
* 日の出日の入り(日本地名選択)-高精度計算サイト
  http://keisan.casio.jp/exec/system/1236677229
*2 こよみのページ
  http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm
*3 母島の標高は評議平電子水準点*5で計算してると思われる。
*4 気象庁>各種データ・資料>過去の気象データ検索>日ごとの値
  http://www.data.jma.go.jp/
*5 国土地理院>基準点・測地観測データ>基準点成果等閲覧サービス>電子基準点母島
https://sokuseikagis1.gsi.go.jp/index.aspx#14/26.645157/142.156563/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1f0


# 天候 Weather
2019 父島

渇水対策本部の掲示
    Poster of measure for dealing with drought

 月 降水量 (mm)   降水量 平年値   日平均気温 (℃) 平均気温平年値   最高気温 (℃)  最低気温 (℃)    相対湿度平均値(%)  相対湿度 平年値(%) 最大瞬間風速(m/s)   同風向 冬日日数*2   夏日日数*3
 1  28.5  65.3  18.5  18.4  23.5  10.5  59  66  21.5  北北西  4  
 2  24  58.2  19.8  17.9  24.9  13.1  72  68  22  南  3  
 3  79.5  77  19.9  19.2  25.5  13  71  73  20.5 南   1  
 94  118.4  20.5  21  25.8  11.2  75  79  22.4  南南西  0  
合計   226  318.9                    
※冬日日数 1/22,27,28,30,2/2,3,18,3/9
※2夏日日数
(注)平年値は1981-2010年の30年間の観測値の平均をもとに算出
* 気象庁>各種データ・資料>過去の気象データ検索>月ごとの値>父島
  http://www.data.jma.go.jp/
*2 冬日とは、父島で日中、最高気温が20℃未満、かつ北寄りの風で曇又は雨が晴より多い日とする。
*3 夏日とは、父島で最高気温が30℃以上の日とする。
・2019年は、冬は暖冬(冬日8/前年17日)、前年からの少雨(1~4合計雨量226mm,平年値318.9mmの71%。)が4月まで続いた。
・2019/01/04小笠原村渇水対策本部が設置され、海水淡水化装置も導入されたが、4月下旬~5月上旬の雨で5/9同本部は解散した。


=台風 Tyhoon

・2019年1/3,台風1号(BOLAVEN)南シナ海で発生、マレーシア上陸。
・2019年2/20,台風2号(WUTIP)フィリピン東で発生、北西進。

 接近したもの
 強風域に入ったもの
 暴風域に入ったもの
注1 小笠原群島とは、聟島列島、父島列島、母島列島を指す。
2 接近とは、300km以内を通過したもの。
* 気象庁>各種データ・資料>過去の台風資料>台風経路図>2017年
   http://www.data.jma.go.jp/


!! 二見港の海水温 Sea surface temperature at Futami harbor

 年
 
平均温度℃  過去の平均温度℃ 
 2019  1  21.7  21.1
   2  21.3  20.2
   3  21.2  20.5
   4    

 * 青灯台測定 おがさわら海の情報
http://www.ifarc.metro.tokyo.jp/resources/content/1322/20181205-075035.pdf


} 生物 Bio

$ 植生 Flora


シマクワズイモ Alocasia cucullata in Chichijima

・タコヅル(Freycinetia formosana){たこづる}$が父島東平サンクチュアリ内(武田牧場跡)では枯れている、渇水の影響か?
・ムニンデイコ(Erythrina variegata)[無人梯梧]){ビーデビーデ、ビーデ}$の花盛り、最盛期が2月下旬だった、渇水の影響か?
・シマクワズイモ(Alocasia cucullata)#*が八瀬川護岸斜面工事の芝張り工事で小港駐車場緑地脇に大発生。盛土にイモのかけらが大量に入っていたと思われる。駆除作業が管理者により行われているようだが、再び発生している。


日付 個体数
20180519 52
20180603 18
20180706 110
20180803 0
20180913 21
20181003 30
20181107 58
20181202 57
20190105 9
20190206 6
20190313 13
20190402 29

* 小笠原諸島の外来植物 ・シマクワズイモ
 http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-36ec.html


リュウキュウコスミレViola yedoensis var. pseudo-japonica

・リュウキュウコスミレ(Viola yedoensis var. pseudo-japonica)#*2 父島小港駐車場緑地で駆除中。干ばつで発生が遅い。植栽したトックリヤシ(Hyophorbe lagenicaulis)に付着してきたと思われる。夏に枯れ冬季に種子から発芽する。
 年     駆除個体数  (開花個体)  (結実個体)
2017 12 5 0 0
2018 1 25 2 0
2 8 1 0
3 1 0 0
4 11 2 1
5 8 0 0
6 0 0 0
7 2 0 0
8 0 0 0
9 0 0 0
10 0 0 0
11 0 0 0
12 7 0 0
 2019  1  0  0
   2  0  0
   3  21  3  0
   4  12  1  0

注 括弧は駆除個体数の内数
*2 小笠原諸島の外来植物 リュウキュウコスミレ
 http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-5f2c.html

ウラジロチチコグサGnaphalium spicatum 生育地 父島夜明道路
ウラジロチチコグサ(Gnaphalium spicatum)#*3 父島夜明道路中央山付近道路脇緑化ブロックで駆除中。駆除を始めた小学校長(当時)から引き継いで10年以上になるが、未だ駆除し切れていない。内地から取り寄せ芝に種子が入っていたと思われる。
駆除個体数 (開花個体) (結実個体)
2017 12 0 0 0
2018 1 0 0 0
2 0 0 0
3 0 0 0
4 1 0 0
5 1 0 0
6 0 0 0
7 6 0 0
8 2 0 0
9 0 0 0
10 0 0 0
11 0 0 0
12 2 0 0
2019 1 0 0 0
2 0 0 0
3 0 0 0
4 0 0 0

注 括弧は駆除個体数の内数
*3 小笠原諸島の外来植物 ウラジロチチコグサ
  http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-3f76.html
& 小笠原諸島固有種
$ 非固有広分布種
# 外来種
注 {}内は小笠原方言


% 動物 Fauna

クマネズミRattus rattus、篭罠内で生まれた5頭


ハツカネズミMus musculus


混獲メジロ(Zosterops japonicus)
 

・ノヤギ(Capra hircus)#集団が都道湾岸通り、夜明道路脇で採餌しているのが引き続き目立つ。
・メジロ(Zosterops japonicus)#の幼鳥が引き続き大変多く目立った。
・ノヤギ(Capra hircus)[野山羊]#が子連れ集団で都道湾岸通り、夜明道路脇で採餌しているのが目立つ。
・家の庭ネズミ罠*
ハツカネズミ(Mus musculus)#,1-2月掛かったが、3月からは0.クマネズミ(Rattus rattus)#4月捕獲の1個体は罠中で5頭出産した、初めてのことである。
2018年はクマネズミ(Rattus rattus)70,ハツカネズミ(Mus musculus)28,メジロ他混獲28。混獲個体は解放、混獲頻回・既死個体は鳥獣保護員に通報・設置方改良・回収。

年   月   罠日数  篭罠設置数/日 篭罠捕獲数  タコの実捕獲内数   箱罠設置数/日  箱罠捕獲数   混獲数
 2019  1  31  3  5  1  2  10  14
   2  28  3  2  1  2  3  1
   3  29  3  5  1  2  0  4
   4  24  3  3  0  2  0  0

混獲内訳 
      

メジロ 同左 オカヤドカリ類 同左
 月 篭罠 箱罠 篭罠 箱罠
1 13 1 0 0
2 1 0 0 0
3 3 0 1 0
4 0 0 0 0

既死個体内数 1-4月 0

メジロ(Zosterops japonicus)#

オオヒキガエル(Bufo marinus)#
オカヤドカリ類(Coenobita sp)${フンパ},オカヤドカリ、ムラサキオカヤドカリ、ナキオカヤドカリの総称。
イソヒヨドリ(Monticola solitarius)${ルリちょう}
オガサワラハシナガウグイス((Cettia diphone)&
* 世界自然遺産小笠原諸島>バックナンバー5ネズミ(外来種対策)
 http://bonin-islands.world.coocan.jp/SekaiisanBK5new.html
注 {}内は小笠原方言
& 小笠原諸島固有種(亜種を含む。)
$ 非固有広分布種
# 外来種
20190531
2019 Seasonal Letter