月刊小笠原諸島 Monthly Bonin Islands 本文へジャンプ
歳時記
2015
2014
記2013
歳時記2012
歳時記2011
歳時記2010
歳時記2009
歳時記2008
歳時記2007
歳時記2006
歳時記2005
歳時記2004
歳時記2003
歳時記2002
歳時記2001
歳時記2000
歳時記1999
歳時記 Seasonal Letter 2015 

写真は フトモモ谷(仮称)   以前(4月)→          →以後(10月)2015年
Metrosideros b.Community before(Apr.) & after(Oct.) in 2015, Chichijima写真は乾性低木林 秋の新緑(父島)
New leaves in Autum in Chichijima
 
歳時記09'15~11'15
[目次]
・地震 Earthqueke 
・津波 Tsunami
・火山 Volcano
・天文 Astronomy
・天候 Weather
・台風 Tyhoon
・酸性雨 Acid rain
・黄砂 Asian Dust
・オゾン Ozone
・二酸化炭素 CO2
・放射能 Radiation
・植生 Flora
・動物 Fauna
! 地震 Earthqueke
発生日時  震央地名  緯度  経度    深さ  M  震度  観測地
 2015/09/14 12:47:45.2  父島近海  26°55.5′N  141°22.4′E  121km  M4.1  1  母島
 2015/10/11 17:11:48.5  父島近海  27°08.7′N  142°35.3′E  29km  M3.9  1   三日月山
西町
 2015/10/20 18:29:09.3*2 小笠原諸島西方沖   27°07.6′N  140°37.6′E  314km  M5.8  3
2
  母島
三日月山
西町
 2015/11/06 22:16:02.1  父島近海  26°39.7′N  142°27.3′E  28km  M3.9  1  母島
 2015/11/20 10:08:42.5  父島近海  26°24.2′N  143°03.2′E  7km  M5.2  1  西町
三日月山
母島
 2015/11/20 14:31:47.6*3  父島近海  26°23.0′N  143°06.3′E  0km  M6.3  2  西町
三日月山
母島
 2015/11/20 14:33:56.1  父島近海  26°19.2′N  143°02.5′E  0km  M5.2  1  西町
三日月山
母島
 2015/11/20 16:06:16.5  父島近海  26°22.0′N  143°07.7′E  0km  M5.0  1  西町
三日月山
母島
 2015/11/21 14:40:17.0  父島近海  26°21.5′N  143°04.4′E  16km  M4.6  1  母島
2015/11/22
02:49:02.5 
 父島近海  26°25.6′N 142°15.2′E   47km  不明  母島
 (注)父島・母島で観測された震度1以上の地震を掲載。
 * 気象庁>各種データ・資料>震度データベース検索
   http://www.data.jma.go.jp/

*2 10月20日 小笠原諸島西方沖の地震
この地震は、太平洋プレート内部で発生した。2001年1月以降の活動を見ると、今回の地震の震源付近(領域b)は、M5.0以上の地震が時々発生している。今回の地震の震源から約100kmから200km深い、深さ500km前後の場所(領域c)ではM6.0 以上の地震がしばしば発生しているが、領域b内ではM6.0 以上の地震は発生していない。また、今回の地震の震源から約350km深いところでは、2015年5月30日にM8.1の地震(最大震度5強)の地震が発生。
 1923年1月以降の活動を見ると、今回の地震の震央周辺(領域d)では、M7.0以上の地震が時々発生している。
*2 平成27年10月 地震・火山月報(防災編)
 http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/gaikyo/monthly/201510/201510sonota_kobetsu_1.pdf

*3 11月20日 父島近海の地震
 2015年11月20日14時31分に父島近海でM6.3の地震(最大震度2)が発生した。
ほぼ同じ場所で、震度1以上を観測した地震が今回の地震を含めて5回発生した。
2000年4月以降の活動を見ると、今回の地震の震央周辺(領域a)では、M6.0以上の地震が時々発生している。今回の地震の震央から約100km 北東側に離れた場所では、2010年12月22日にM7.8(最大震度4)の地震が発生し、八丈島八重根で0.5m、父島二見で22cm などの津波を観測した。
1923年1月以降の活動を見ると、今回の地震の震央周辺では、M6.5以上の地震が時々発生している。
*3 平成27年11月 地震・火山月報(防災編)
 http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/gaikyo/monthly/201511/201511sonota_kobetsu_1.pdf


~ 津波 Tsunami
・ 2015年9月18日03時00分に発表した津波注意報
平成27年9月17日07時54分頃にチリ中部沖で発生した地震(M8.3),小笠原諸島も津波注意報発令*
* 仙台管区気象台
http://www.jma-net.go.jp/sendai/jishin-kazan/j-kaiset/20150917chiri_4.pdf

9/18 08:57 父島二見港、これまでの最大波0.3mの津波観測。(第1波識別不能)
9/18 16:40 気象庁は、津波注意報を解除。*
* 小笠原チャンネル
http://www.ogasawara-channel.com/news/news20150918/


!
! 火山 Volcano


写真は西之島からの漂着軽石か?
 Drifted stone from Nishinoshima ?

・ 西之島
 2015/11/17 14:54に第7火口で火山弾の放出、爆発音及び激しい空振を伴うブルカノ式噴火を確認した。火山弾は2〜3m程度の大きさの噴石で大きい物は約5mあり、溶岩片は認められなかった。到達範囲は約500m〜約1,000mの範囲で、西之島の南西側では海上に到達していた。噴煙は灰褐色で高さ約300mに達していた。第7火口は、南北に2つの凹地からなり、南北約170m東西約120mの大きさとなった。南側凹地は、擂鉢状で火口内は高温となっており1時間に1〜2回噴火していた。北側凹地では、噴火活動及び熱異常は認められなかった。また、第7火口火砕丘北側山腹は大きく変形しており、崩落により形成されたと考えられる凹地が2ヶ所認められた。
第7火口の南側火口縁付近に青白色の火山性ガスが連続的に放出される小規模な噴気帯があったが、その範囲は2015年10月13日と比較してさらに縮小し、噴気帯には硫黄と考えられる黄色の火山昇華物は認められなかった。
 溶岩流は、2015年11月12日に確認された火砕丘の南西山腹にある溶岩流出口からの流出が認められたが、11月12日と比較して若干厚みを増し、拡大していた。 熱計測画像では、新鮮な溶岩流が流下していたのを確認することができた。 なお、溶岩流出口は活動開始から2014年6月まで活動していた第1火口付近の位置に形成されていた。また2014年9月17日以来、約1年間流出が継続していた火砕丘北側からの溶岩流は停止していた。
西之島の周囲には、薄い黄緑色の変色水域が海岸線付近に幅約200〜300mで分布していた。
なお、西之島及び新たな陸地には、津波を発生させる恐れのある、海岸線に平行に走る断層やクラックは認められなかった。
 新たな陸地の大きさは、東西約1,900m、南北約1,950mとなり、2015年9月16日調査時と比べてほぼ変化がなかった。また、新たな陸地の面積は、9月16日の2.67km2と比較すると0.04km2減少して2.63km2となった。*
* 海域火山データベース 海上保安庁海洋情報部
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm#151117comment
・ 西之島では噴火活動が継続しており島の中心から概ね4km以内では噴火に警戒してください。*
 * 気象庁地震火山部 西之島の火山活動解説資料(平成27年11月)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/15m11/326_15m11.pdf

・空振
父島で引き続き観測されている。

硫黄島
硫黄島の島内は全体に地温が高く、多くの噴気地帯や噴気孔があり、過去には各所で小規模な噴火が発生しています。火山活動はやや活発な状態で推移しており、火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生すると予想されますので、従来から小規模な噴火が発生した地点(ミリオンダラーホール(旧噴火口)等)及びその周辺では噴火に警戒してください。
* 気象庁地震火山部火山監視・情報センター 硫黄島の火山活動解説資料(平成27年11月)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/15m11/329_15m11.pdf

火山警報等
・西之島
<火口周辺警報(入山危険)が継続> 平成27年2月24日18時00分 気象庁地震火山部
  噴火警報・予報: 西之島
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20150224180010.html
・海形海山
  http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・海徳海山
  http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・噴火浅根
  http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
  
・硫黄島,火口周辺危険,噴火警報(火口周辺) 平成19年12月1日10時01分指定
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20071201100210.html
・火山現象に関する海上警報 平成24年4月29日15時観測 18時30分発表 噴火が発生するおそれ 周辺海域警戒
火山現象に関する海上警報 硫黄島
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaijyo/kako/kaijyokeiho_20120429_329.html
* 私注 硫黄島は、火口周辺の噴火警報と周辺海域警戒の両方がでている。
・北福徳堆
  http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・福徳岡ノ場(硫黄島南約50kmにある海底火山),周辺海域警戒,噴火警報(周辺海域) 平成19年12月1日10時02分指定
気象庁>ホーム>各種データ・資料>各火山の活動状況
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・南日吉海山
  http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・日光海山
  http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html


& 天文 Astronomy
・2015/9/23(火)秋分
   日出* 日没*   標高* 月齢*2 
 父島  05:19:27  17:27:51  3m  9.8
 母島  05:18:58  17:28:34  32m  
* 日の出日の入り(日本地名選択)-高精度計算サイト
http://keisan.casio.jp/exec/system/1236677229
*2 こよみのページ
 http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/syunbun.htm

# 天候 Weather
 月 降水量(mm)  降水量平年値 (mm) 平均気温(℃)   平均気温(℃)平年値 最高気温(℃)   最低気温(℃)  最大瞬間風速(m/s)  同風向
  316.5   131.1  27.7  27.5 31.4  25.8   35.7  北北東
 10  114.0   132.1   25.8 26.2  31.1  20.1   21.5  北東
 11   153.5   128.2   24.5   23.5  29.3  17.9    15.7  北
平年値は1981-2010年の30年間の観測値の平均をもとに算出
* 気象庁>各種データ・資料>過去の気象データ検索>月ごとの値>父島
http://www.data.jma.go.jp/

 ・暑い夏に続き9月も暑く、10月は寒暖の変化激しく、豪雨、台風の連続、各所で土砂崩落が起き、11月下旬まで台風に悩まされる異常気象。

= 台風 Tyhoon
・台風17号KILO(1517)、9/9南鳥島付近を通過、北上。
・台風18号ETAU(1518),9/8小笠原諸島西方沖を北上、本土上陸。
・台風20号KROVANH(1520),9/19強い勢力で強風圏に父島・母島を容れ、東を通過。強風、豪雨、落雷。台風養生*2。
・台風23号CHOI-WAN(1523),10/7小笠原諸島東方沖を北上。台風養生。
・台風25号CHAMPI(1525)10/22硫黄島から北東へ「強い」、「非常に強い」と勢力をめまぐるしく変え強風圏に父島、母島を容れ南方を通過。台風養生。
・台風26号In-fa(1526)11/17マーシャル諸島で発生、フィリピンで北東に向きを変え、非常に強い勢力にまで発達したが、11/26硫黄島南西沖で消滅。小笠原諸島直撃も予想され、東京父島間定期船の予定も度々変更された。台風養生。
* 気象庁>各種データ・資料>過去の台風資料> 台風経路図> 2015年
 http://www.data.jma.go.jp/
*2 自宅の台風養生をした台風。


| 酸性雨 Acid rain
 
6-8歳時記と変わらず。

) 黄砂 Asian Dust
6-8歳時記と変わらず。

| オゾン Ozone
6-8歳時記と変わらず。

( 二酸化炭素 CO2 
3−5歳時記と変わらず。

New!
| 放射能 Radiation
・ 空間放射線量(2011)

測定場所   線量率       測定日 
 小笠原村  μSv  (マイクロシーベルト) /時間    
   地上1m  地表面5cm  砂浜1m  砂浜5cm  
 父島字宮之浜道
小笠原小中学校
  0.02   0.03   ー   ー  2011/8/3
 父島
大村(海水浴場)
  ー    ー   0.02   0.01  2011/8/3
 母島字元地
母島小中学校
 0.03 0.02    ー ー   2011/9/13
* 東京都福祉保険局>都内島しょ地域における空間放射線量の測定結果(第3報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/09/20l9e300.htm

・ 飛灰等の放射性物質(2011)
施設名称   施設所在地  測定内容    測定結果      
     月日  項目  単位  セシウム
134
セシウム
137 
 セシウム
合計
 父島
クリーンセンター
 小笠原村
父島字洲崎
 7/11  飛灰  Bq/kg   48.2   66.8   115
     7/11  焼却灰  Bq/kg  不検出  13.6  13.6
*2 東京都環境局>都内一般廃棄物焼却施設における飛灰等の放射性物質等測定結果
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/general_waste/attachement/houshanou-sokuteikekka_20110908.pdf

$ 植生 Flora

写真はムニンセンニンソウ(父島)
 Clematis terniflora in Chichijima

・テリハボク(Calophyllum inophyllum)(タマナ[玉名])$が今年は3度も開花結実している。
・ムニンデイコ(Erythrina variegata)[無人梯梧](ビーデビーデ)$、センダン(Melia azedarach)[栴檀]$,モモタマナ(Terminalia catappa)[桃玉名]$が一向に落葉せず、青々と葉を茂らせている。
・ムニンフトモモ(Metrosideros boninensis)[無人蒲桃]&のフトモモ谷(仮称)群落脇のガジュマル(Ficus microcarpa)#*林が台風と大雨で一部倒壊し、樹林に風穴となり風と日射しを差し込み、乾燥させ、ムニンフトモモ集団に悪影響を与えそうである。Top写真参照
・ギンネム(Leucaena leucocephala)#*2は台風落葉せず、青々とした群落が目立つ。
& 小笠原諸島固有種
$ 非固有広分布種
# 外来種
* 小笠原諸島の外来植物 ガジュマル
http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/index.html
*2 小笠原諸島の外来植物 ギンネム
http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-36aa.html


% 動物 Fauna

写真はノヤギ(父島)
 Capra hircus in Chichijima

・オガサワラゼミ(Meimuna boninensis)&の鳴き声があちこちで聞こえた。雨が多くてグリーンアノール(Anolis carolinensis)#不活発が要因だけではなさそうだ。2007年以来の大発生か*。
* 歳時記2007
http://homepage1.nifty.com/Bonin-Islands/saijiki2007.htm
・山羊駆除が行われるいるが、ノヤギ(Capra hircus)#[野山羊]*の活動は旺盛だ。
* 政策コンテストパブコメ>バックナンバー>世界自然遺産>月刊小笠原諸島
http://homepage1.nifty.com/Bonin-Islands/SekaiisanBK12.html

& 小笠原諸島固有種(亜種を含む。)
$ 非固有広分布種
# 外来種
(2015-12-29)

 戻 る

歳時記06'15~08'15
! 地震 Earthqueke
 発生日時 震央地名    緯度 経度   深さ  マグニチュード  震度  観測地 
 2015/06/02
17:50:51.2
 父島近海  27°28.1′N  142°11.9′E  71km  M3.9  1  三日月山
西町
 2015/06/03
06:04:27.5
 小笠原諸島西方沖  27°49.9′N  140°46.0′E  695km  M5.6  1  三日月山
西町
母島
 2015/06/15 07:22:20.0  小笠原諸島西方沖  27°25.5′N  140°39.4′E  404km  M5.5  1
 三日月山
母島
 2015/06/19 17:09:54.3  父島近海  27°03.7′N  143°46.9′E  78km  M5.2  1  三日月山
母島
 2015/06/20 22:50:38.4  硫黄島近海  25°35.1′N  143°12.9′E  0km  M4.8  1   母島
 2015/06/23 21:18:29.0  小笠原諸島西方沖  27°42.0′N  140°10.7′E  484km  M6.8  4
3
2
 母島
三日月山
西町
 2015/06/23 21:22:18.8  小笠原諸島西方沖  27°41.9′N  140°13.6′E  480km  M5.4  2
1
  母島
三日月山
 2015/06/30 16:05:00.3  父島近海  27°11.7′N  141°52.9′E  120km  M4.4  2
1
 母島
三日月山
西町
 2015/08/08 18:33:39.6  父島近海  27°03.8′N  143°11.4′E  95km  M5.1  1  西町
三日月山
母島
 2015/08/17 09:45:41.3  父島近海  27°07.1′N  143°57.6′E  42km  M5.3  2
1
 母島
西町
三日月山
 2015/08/29 00:30:59.8  硫黄島近海  23°22.5′N  142°12.9′E  167km  M5.8  2  母島
               
(注)父島・母島で観測された震度1以上の地震を掲載。
 * 気象庁>各種データ・資料>震度データベース検索
   http://www.data.jma.go.jp/

・6月一杯は小笠原諸島西方沖地震の余震が続いた。
・ 家の震災対策。
1) TVが倒れないようにビニール紐で画面両側を巻き、後の壁にフック固定。
2) リビングのペンダント型ライトを落下しないシーリングライトに交換。

~ 津波 Tsunami
・ なし

!! 火山 Volcano

写真は西之島
Nishinoshima(C)JCG

西之島
・ 国土地理院は31日、小笠原諸島・西之島を7月28日に無人航空機で空撮した写真を公開した。最高標高は、撮影時の海面から計測して約150メートルに達し、前回撮影した3月1日の約137メートルから13メートルほど高くなっていた。
 面積は約2・74平方キロで、前回の約1・1倍。噴出した溶岩が海面上にある部分の体積は、2年前の最初の噴火から通算して約8511万立方メートルで、前回の約1・3倍に成長していた。*
* 標高150メートルに到達 小笠原諸島・西之島まだ成長:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH913F8XH91UJHB006.html


・ 国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下「JAMSTEC」という)、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下「産総研」という)、国立大学法人東京大学地震研究所(以下「地震研」という)の共同研究チームは、小笠原諸島の西之島から4.5km以上外側の海域において、JAMSTECの海洋調査船「なつしま」に乗船し、学術調査を実施(調査期間:2015年6月11日〜6月21日)。*
* 海洋調査船による西之島および周辺海域学術調査研究〜海底面撮影や地形調査、試料の採取、西之島火山の観察など実施〜
 http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20150715/#c0

・ 海上保安庁は1カ月ごとに航空機で上空から観測を続けているが、6月から7月にかけて測量船「昭洋」(3000トン)で海上からも観測した。*
  
* 西之島:洋上から見えた絶景 測量船「昭洋」から船長撮影 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/feature/news/20150814mog00m040002000c.html


 「旧西之島の陸地部分には海鳥たちが今も生活していることが判り、これも貴重な発見」*
  * 新島誕生西之島 NHKスペシャル(2015/08/23)
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20150823


・ 西之島では噴火活動が継続しており、島の中心から概ね4km以内では噴火に警戒してください。*
 * 気象庁地震火山部 西之島の火山活動解説資料(平成27年8月)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/15m08/326_15m08.pdf


・空振

写真は空振測定器(父島気象観測所内)
 Infrasound monitor of Earthquake at JMS in Chichijima

 
父島で引き続き観測されている。

硫黄島
・2015/6/20 北西部井戸ヶ浜で最大200mの水蒸気の噴出
・2015/8/7 北部北ノ鼻海岸付近で小規模な噴火
・2015/8/25~26 ミリオンダラーホール(旧噴火口)白色噴煙
* 気象庁地震火山部火山監視・情報センター 硫黄島の火山活動解説資料(平成27年6月)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/15m06/329_15m06.pdf
*2 気象庁地震火山部火山監視・情報センター 硫黄島の火山活動解説資料(平成27年8月)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/15m08/329_15m08.pdf


火山警報等
・西之島
<火口周辺警報(入山危険)が継続> 平成27年2月24日18時00分 気象庁地震火山部
  噴火警報・予報: 西之島
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20150224180010.html
・海形海山
  
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・海徳海山
  
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・噴火浅根
 
 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
  
・硫黄島,火口周辺危険,噴火警報(火口周辺) 平成19年12月1日10時01分指定
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20071201100210.html
・火山現象に関する海上警報 平成24年4月29日15時観測 18時30分発表 噴火が発生するおそれ 周辺海域警戒
火山現象に関する海上警報 硫黄島
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaijyo/kako/kaijyokeiho_20120429_329.html
* 私注 硫黄島は、火口周辺の噴火警報と周辺海域警戒の両方がでている。

・北福徳堆
気象庁>ホーム>各種データ・資料>各火山の活動状況
  
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・福徳岡ノ場(硫黄島南約50kmにある海底火山),周辺海域警戒,噴火警報(周辺海域) 平成19年12月1日10時02分指定
気象庁>ホーム>各種データ・資料>各火山の活動状況
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・南日吉海山
気象庁>ホーム>各種データ・資料>各火山の活動状況
  
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html
・日光海山
気象庁>ホーム>各種データ・資料>各火山の活動状況
  
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html

& 天文 Astronomy
・2015/6/22(月)夏至
   日出* 日没*   標高* 月齢*2 
 父島  04:37:12  18:28:58  3m  5.5
 母島  04:37:40  18:28:44  32m  
* 日の出日の入り(日本地名選択)-高精度計算サイト
http://keisan.casio.jp/exec/system/1236677229
*2 こよみのページ
 http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/syunbun.htm

# 天候 Weather
 月 降水量(mm)  降水量平年値 (mm) 平均気温(℃)   平均気温(℃)平年値 最高気温(℃)   最低気温(℃)  最大瞬間風速(m/s)  同風向
  56.5   134.7  27.3  25.8 30.5  23.6  15.2  南南西
 7  27.0   80.9  28.5 27.5 32.6  24.5  24.1  南南東
 8   368.0#   112.6   27.9   27.7  33.7&  23.7   30.9  北西
平年値は1981-2010年の30年間の観測値の平均をもとに算出
& 観測史上3位の高温記録。
# 408.5(1998/8)に次ぐ記録。
* 気象庁>各種データ・資料>過去の気象データ検索>月ごとの値>父島
http://www.data.jma.go.jp/

 ・暑い夏、8月の豪雨、台風の連続、異常気象を実感した。

= 台風 Tyhoon
・台風11号NANGKA、大型で非常に強い勢力で7/15小笠原諸島西方を北上。
・台風12号HALOLA,東太平洋で発生した「越境台風」、熱帯低気圧に変わった後、再び強い台風となり、7/21硫黄島南方を西進、後本土上陸。
・台風13号SOUDELOR,非常に強い勢力で8/5硫黄島南西沖を西北西に進行。
・台風14号MOLAVE,暴風域を伴わないが8/9父島、母島を南東から北西に来襲。8/8小笠原村の大雨に関する注意・警戒情報が、8/10土砂災害警戒情報が発せられた。3日間暴風雨に東西南北全方位から吹き込まれた。3日も続く台風は小笠原諸島でも珍しい。
・台風16号ATSANI,8/22父島、母島の東方を北上。小笠原村は8/21避難所を父島では高校武道室に設置、8/22 17:00避難所閉鎖後、土砂災害警戒警報が発令され、18時過ぎ避難所を村役場に開設。津波に襲われたらどうする?
* 気象庁>各種データ・資料>過去の台風資料> 台風経路図> 2015年
 http://www.data.jma.go.jp/


| 酸性雨 Acid rain 
・2012年酸性雨調査結果(父島)年平均値 ph5.34, 2007年4.84以降微増、弱くなっている。
 * 国立環境研究所 環境情報メディア
 http://tenbou.nies.go.jp/gis/monitor/?map_mode=monitoring_map&field=5

・南鳥島酸性雨調査結果(父島)年平均値
 2014年 5.31ph 
 2013 5.23 
 2012  5.31
* 気象庁>ホーム>知識・解説>地球環境・気候>酸性雨の観測>降水の酸性度の経年変化
 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/acid/change_acid.html

) 黄砂 Asian Dust
・2015年6月13日現在,2015年父島で黄砂の確認なし。
* 気象庁>ホーム>各種データ・資料>地球環境・気候>[地球環境のデータバンク]黄砂>2015年黄砂観測日および観測地点の表
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/kosahp/kosa_table_2015.html

| オゾン Ozone
・気象庁が観測している南鳥島の2014年の月平均オゾン量をみると、2,5,10,12月に1994年〜2008年までの15年間の平均値を上回った。
 * 気象庁>ホーム>各種データ・資料>地球環境・気候>[地球環境情報]オゾン層・紫外線>オゾン層・紫外線の年のまとめ>「オゾン層・紫外線の年のまとめ(2014年)」
 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/ozonehp/report2014/06_1-4.pdf

( 二酸化炭素 CO2
3−5歳時記と変わらず。

$ 植生 Flora

写真はヒメツバキの実(父島)
 Schima mertensiana in Chichijima

・ヒメツバキ(Schima mertensiana)[姫椿]$*がよく結実している。
・ムニンフトモモ(Metrosideros boninensis)[無人蒲桃]&(No.A1植栽個体、旭山入口東方)の開花確認。今年の雨台風で新緑をよく伸ばし、上に引かれたケーブルまで20cm程度で、年内に届きそうでケーブル管理作業で伐採されないか心配である。
・ギンネム(Leucaena leucocephala)#*2は台風の潮風で落葉を期待していたが、雨台風と暑さで開花・結実が旺盛である。
& 小笠原諸島固有種
$ 非固有広分布種
# 外来種
* 豊田武司(2014)小笠原諸島固有植物ガイド
*2 小笠原諸島の外来植物 ギンネム
http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-36aa.html

% 動物 Fauna

写真は蜜蜂の分巣(父島)
 New nest of Bee in Chichijima

・鳥獣保護区となった我が家では、メジロ(Zosterops japonicus)#、ハシナガウグイス(Cettia diphone)の幼鳥,イソヒヨドリ(Monticola solitarius)$[るりちょう]などがよく見られ、ネズミわなに混獲されたものもあった。
・オガサワラゼミ(Meimuna boninensis)の鳴き声が8月後半から家の裏山の方より聞こえて来た。今年はよく鳴いている。
・6/3 セイヨウミツバチ(Apis mellifera)#が隣の緑地のモモタマナ(Terminalia catappa)$の幹に巣を作り始め、養蜂業者さんに取り除いてもらった。
・イエシロアリ(Coptotermes formosanus)#のスウォームが6/12,23部分的にあった。梅雨開け後は飛ばないという状態ではなくなった。
& 小笠原諸島固有種(亜種を含む。)
$ 非固有広分布種
# 外来種(2015-9-30 )

 戻 る


歳時記03'15~05'15

写真は新緑(父島)
 New leaves in Chichijima

! 地震 Earthqueke
発生日時  震央地名  緯度    経度 深さ  マグニチュード   震度 観測地 
 2015/03/10 10:13:54.8  父島近海  27°03.9′N  142°24.9′E  85km  M4.2  1  三日月山 母島
 2015/03/14 01:15:26.6  父島近海  26°21.4′N  141°32.8′E  112km  M4.7  3

 母島
三日月山
西町
 2015/04/10 23:35:31.9  父島近海  27°30.0′N  142°25.9′E  42km  M4.4  1  三日月山
 2015/04/18 00:22:33.8  父島近海  27°14.6′N  142°27.5′E  72km  M4.2  1  西町
三日月山 母島
 2015/04/19 04:02:19.9  父島近海  26°19.7′N  142°05.1′E  47km  不明  1  母島
  2015/05/28 02:58:32.7  父島近海   27°28.5′N  142°27.0′E  38km  M4.3  1   西町
三日月山
2015/05/30 20:23:02.2  小笠原諸島西方沖  27°51.6′N  140°40.9′E  682km  M8.1  5強
4

 母島
西町
三日月山
 2015/05/31 02:22:39.9  硫黄島近海  24°57.4′N  141°13.6′E  121km  M4.9  1  母島
 2015/05/31 03:49:06.2  鳥島近海  30°46.4′N  143°07.7′E  45km  M6.6  1  西町
三日月山
母島
 (注)父島・母島で観測された震度1以上の地震を掲載。
 * 気象庁>各種データ・資料>震度データベース検索
   http://www.data.jma.go.jp/

05/30 小笠原諸島西方沖地震
・ 長周期地震動に関する観測情報(試行)*4
2015年05月30日 20時24分ころ地震がありました。
震源地は、小笠原諸島西方沖(北緯27.9度、東経140.8度)で、震源の深さは約590km、地震の規模(マグニチュード)は8.5と推定されます。
【長周期地震動階級1以上が観測された地域】*2
長周期地震動階級2 小笠原*3
*2 階級は1~4。2は「室内で大きな揺れを感じ物に掴まりたいと感じる。…キャスター付什器がわずかに
動く。…」
*3 他の5観測地域は省略。階級1は24地域
*4 気象庁>ホーム > 防災情報 > 長周期地震動に関する観測情報(試行)
 http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/ltpgm/20150530202422/index.html
 (私注)震源の深さ、地震の規模は表のように訂正されている。

・ 家では、TVが揺れ、ゆっくりとした動きが続くので、食卓テーブルの下に潜り込みテーブルの脚をつかんでいたという。
・ 母島では「大きな揺れが2~3分続いて、家具につかまらなければ立っていられなかった」
  讀賣新聞2015年5月31日13版(29)社会
・ 全国で震度1以上観測
「気象庁によれば、47都道府県全てで震度1以上を観測、これは観測を始めた1885年以降で初めてのことだという」
 日経BPネット 2015年6月1日
  http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/matome/15/325407/053100012/
・ 釜山(韓国)も揺れた? 2015年5月31日、韓国・聯合ニュースによると、30日夜に小笠原諸島西方沖を震源とする地震が発生した際、韓国の釜山消防安全本部には市民から問い合わせの電話が相次いだ。
同部によると、日本で地震が発生した直後、「建物に揺れを感じた」「地震が発生した」などという内容の電話が200本以上も掛かってきた。釜山地方気象庁は「市民から問い合わせが相次いだが、実際に地震は感知されなかった」と明らかにした。
  ライブドアニュース2015年6月1日 13時10分
  http://news.livedoor.com/article/detail/10177965/
・ エレベーター停止1万9000基
 「国交省は首都圏を中心に約1万9000基が緊急停止し、東京、茨城、埼玉、神奈川の一都三県の14基で利用者が一時閉じ込められたと明らかにした。」
 東京新聞2015年6月3日12版(24)社会
・ 最深度地震
 深さ682kmの震源は、世界記録らしい。
・ ズレの規模
 気象庁は、巨大地震に特有の広い周波の揺れを観測した「広帯域地震波形記録」を米地震学連合から入手
し、解析。その結果、今回の地震の断層は大きさが走向方向に約40キロ、傾斜方向に約40キロで、20秒かけて最大で6.6メートルずれたことがわかった。
  気象庁 | 地震予測検証・地震予知情報 / 防災情報【ハザードラボ】
  http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/0/10117.html


~ 津波 Tsunami
・5/3気象庁は02時39分に伊豆諸島及び小笠原諸島に津波注意報を発表した(同日04時10分に解除)。自動警報無線が流れたが津波はこなかった。
 今回の地震に伴い、東京都の八丈島八重根で0.6m津波観測
  http://www.jma.go.jp/jma/press/1506/08a/1505kanto-chubu.pdf
・05/30小笠原諸島西方沖地震は津波注意報も出されず津波も無かった。

!! 火山 Volcano
西之島
・噴火活動の状況
<5月19日、20日の状況>
19 日に第三管区海上保安本部が実施した上空からの観測によると、第7火口での噴火活動の継続を確認。
20 日に海上保安庁が実施した上空からの観測によると、第7火口で噴火間隔が1分間に約2〜3回の噴火が継続していました。噴煙は白色で、高度約600m まで上がり北東方向へ流れていました。
火砕丘北東斜面に形成された溶岩流出口から溶岩が流出し、火砕丘東側を回り込んで扇型に拡がりながら南東方向へ流下していました。南東方向へ流下した溶岩流は海岸線に達し、この先端で水蒸気が上がっていた。
また、第7火口の東側に新たな高温域が認められました。
溶岩流が海に流入している南東側海岸線から東方向に、茶褐色の変色水が、幅約500m で帯状に分布していた。
西之島の南岸及び北岸には沖に向かって幅約400〜800m の薄い黄緑色の変色水が分布していました。また、西之島の南西方向約10km の海上に東西約4,000m、南北約2,000mの帯状の薄い黄緑色の変色水が分布しているのが確認されました。
新たな陸地の大きさは、東西方向に約2,000m、南北方向は約1,900m、面積は約2.57km2
(前回3月27 日:約2.45 km2)。2015年2月23日時点で、新たな陸地の面積は約2.5平方kmになっています。
 西之島では噴火活動が継続しており、島の中心から概ね4km以内では噴火に警戒してください。*
 * 気象庁地震火山部 西之島の火山活動解説資料(平成27 年5月)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/15m05/326_15m05.pdf
・空振
独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)は3月27日、2013年11月の噴火後初めてとなる西之島周辺海域の海洋調査船による調査を実施した。
 これはJAMSTEC深海調査研究船「かいれい」を用い、東京大学地震研究所、京都大学大学院理学研究科の研究チームによる2月26日〜27日に行われた観測。いまだに西之島火山は噴火活動が活発に持続しており、130km離れた父島でも確認できる空振(噴火による空気振動)を近くから観測、6kmの風下では火山噴出物の船体への付着も観測された。
 ASCII.jp[一部字句を修正し引用]
 
http://ascii.jp/elem/000/000/995/995029/

硫黄島*2
 火山性地震はやや少ない状態で経過。GNSS連続観測によると、地殻変動は2014 年12 月上旬頃から隆起の傾向がみられ、2015 年3月頃から隆起速度が上がっている。その他の観測データに特段の異常は認められない。
 硫黄島の島内は全体に地温が高く、多くの噴気地帯や噴気孔があり、過去には各所で小規模な噴火が発生。
火山活動はやや活発な状態で推移しており、火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生すると予想るので、従来から小規模な噴火が発生した地点(ミリオンダラーホール(旧噴火口)等)及びその周辺では噴火に警戒を。
*2 気象庁地震火山部火山監視・情報センター 硫黄島の火山活動解説資料(平成27 年5月)[一部字句を
修正し引用]
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast.html


火山警報等
・西之島
<火口周辺警報(入山危険)が継続> 平成27年2月24日18時00分 気象庁地震火山部 *3
 *3 噴火警報・予報: 西之島
 http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20150224180010.html

・硫黄島,火口周辺危険,噴火警報(火口周辺) 平成19年12月1日10時01分指定*4.
 *4 http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20071201100210.html
火山現象に関する海上警報 平成24年4月29日15時観測 18時30分発表 噴火が発生するおそれ 周辺海域警戒*5
 *5 火山現象に関する海上警報 硫黄島
 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaijyo/kako/kaijyokeiho_20120429_329.html

 私注 硫黄島は、火口周辺の噴火警報と周辺海域警戒の両方がでている。
・福徳岡ノ場(硫黄島南約50kmにある海底火山),周辺海域警戒,噴火警報(周辺海域) 平成19年12月1日10時02分指定*6.
 *6 気象庁>ホーム>各種データ・資料>各火山の活動状況
 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/volcano.html


& 天文 Astronomy
 
 写真は皆既月食?(父島) lunar eclipse in Chichijima
・2015/3/21(土)春分の日 
  日出*    日没*  標高* 月齢*2 
父島   05:34:40  17:42:58  3m  0.7
 母島  05:34:10  17:43:41  32m  
 * 日の出日の入り(日本地名選択)-高精度計算サイト
 http://keisan.casio.jp/exec/system/1236677229
*2 こよみのページ
 http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/syunbun.htm

・皆既月食
 2015年4月4日(土)雲に遮られながら、家の庭を移動してなんとか観察できた。皆既月食は雲の中?

# 天候 Weather
 月 降水量(mm)  降水量平年値 (mm) 平均気温(℃)   平均気温(℃)平年値 最高気温(℃)   最低気温(℃)  最大瞬間風速(m/s)  同風向
3月    12.5   77  19.1  19.2  26.4  12.4  15.3  北北西
 4月   35.5  118.4  22.9  21  27.9  18.2  17.9 南 
 5月  176  145.4  25  23.2  29.4  19.7  41.8  南東
* 気象庁>各種データ・資料>過去の気象データ検索>月ごとの値>父島
http://www.data.jma.go.jp/

 ・今年は寒いと言っていたところ、3月上旬急に暑くなり、暖春かと思いきや平年並みで小雨であった。

= 台風 Tyhoon
・2015年5月10日、台風7号発生、5月発生は珍しい、小笠原群島来襲は初かも。5/19-20父島・母島を南西から北東に通過、直撃が心配されたが、強風圏に入ったものの比較的静かだった。最大瞬間風速41.8m/sで近所の屋根が一部めくれる被害があった。
* 気象庁>各種データ・資料>過去の台風資料> 台風経路図> 2015年
 http://www.data.jma.go.jp/


| 酸性雨 Acid rain 
・2012年酸性雨調査結果(父島)年平均値 ph5.34, 2007年4.84以降微増、弱くなっている。*
 * 国立環境研究所 環境情報メディア
 http://tenbou.nies.go.jp/gis/monitor/?map_mode=monitoring_map&field=5

・南鳥島 「人為的な影響がより少ない南鳥島では酸性度は弱く、2013年の降水のpHの平均値は5.23。
1996~2002年まではpH5.5~5.8の範囲で推移していたが、2003年以降はそれらよりpHの低い、酸性化した状態が見られる。近年、大陸から輸送されてくる酸性物質の影響を受けている可能性を否定できない。南鳥島においてpHの低い状態が継続するのか、今後の推移を要注視。」*
 * 気象庁>ホーム>知識・解説>地球環境・気候>酸性雨の観測>降水の酸性度の経年変化 [一部字句を修正し引用]
 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/acid/change_acid.html


) 黄砂 Asian Dust
2015年6月1日現在,2015年父島で黄砂の確認なし。*
* 気象庁>ホーム>各種データ・資料 >地球環境・気候 >[地球環境のデータバンク]黄砂>2015年黄砂観測日および観測地点の表
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/kosahp/kosa_table_2015.html

( 二酸化炭素 CO2
南鳥島二酸化炭素濃度の月平均値*
気象庁が大気中の二酸化炭素(CO2)濃度観測を続けている国内3カ所のうち、大船渡市三陸町綾里と沖縄県与那国島の観測地点で2014年の年平均値が初めて400ppmを超えた。
綾里が401.3ppm、与那国島が401.7ppmで、もう1カ所の観測地点、南鳥島は399.5 ppmとわずかに400ppmを下回ったものの、綾里、与那国島同様、過去最高を更新した。さらに今年4月の月平均値は3地点とも400 ppmを超し、過去最高を更新した。
* 気象庁ホーム>各種データ・資料>地球環境・気候>温室効果ガス>二酸化炭素>二酸化炭素濃度の観測結果
 http://ds.data.jma.go.jp/ghg/kanshi/obs/co2_monthave_mnm.html

$ 植生 Flora
・4-5月一斉に新緑期を迎えた。ヒメツバキ(Schima mertensiana)[姫椿]$*の開花は遅いような気がした。
・中央山頂から見下ろせるムニンフトモモ(Metrosideros boninensis)&No.5個体、枯死確認。この辺りの自生個体は4→1個体に減少。
・ギンネム(Leucaena leucocephala)#*2は5月に開花し始めた。
・北袋沢のリュウキュウコスミレ(Viola yedoensis var. pseudo-japonica)#*3は結実前駆除作業を続け、今シーズンの開花はあったが結果は確認せず、生育活動は5月で終了したと思われる。
& 小笠原諸島固有種
$ 非固有広分布種
# 外来種
* 豊田武司(2014)小笠原諸島固有植物ガイド
*2 小笠原諸島の外来植物 ギンネム

http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-36aa.html
*3 小笠原諸島の外来植物 リュウキュウコスミレ
http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-5f2c.html

% 動物 Fauna

写真はアカポッポ(父島)  Columba janthina in the town ,Chichijima
・3月に家の裏で「ホーホケキョ」という鳴き声にビックリ、数日後には聞こえなくなった。小笠原群島ではハシナガウグイス(Cettia diphone)&は「ホーホケッ」が通常なのに。
 ハワイに日本から導入されたウグイスは、日本のものと鳴き方が違うという*。
* 新発見! ハワイのウグイス「ホーホケキョ」と鳴かない それでは…何と?
http://www.sankei.com/region/news/150510/rgn1505100060-n1.html?fb_action_ids=833894476690873&fb_action_types=
og.recommends&fb_source=other_multiline&action_object_map=%5B954672527910613%5D&action_type_map=%5B%22og.
recommends%22%5D&action_ref_map=%5B%5D

・アカポッポ(アカガシラカラスバト)(Columba janthina)&が街中で身近に見れた。
・中国漁船のサンゴ密漁問題
水産庁「平成26年度小笠原諸島周辺海域宝石サンゴ緊急対策事業」の結果公表
http://www.jfa.maff.go.jp/j/koho/douga/sangocyousa.html
継続的環境調査が要る。
・ 庭のクマネズミ(Rattus rattus)#*捕獲状況
2015年  篭罠2個  シャーマン2個   備考
 3月  4  0  
  4月  0  1  
  5月  6  0  台風7号中も設置、5/23~休止

 
 写真(左)は篭罠 (L) Box trap for rats in Chichijima
 写真(右)はシャーマントラップ (R) Sherman trap for rats in Chichijima

 庭に直植えしたタコノキ(Pandanus boninensis)&の実10個、全てネズミに引かれた(5月)、山ではモンテンボク(Hibiscus glaber)&の落枝がひどかった(5月)。

写真はクマネズミ(父島)によるモンテンボクの落枝
 Leaves of Hibiscus glaber fall down by Rattus rattus in Chichijima

* 5、ネズミ(外来種対策)
http://homepage1.nifty.com/Bonin-Islands/SekaiisanBK5.html

・イエシロアリ(Coptotermes formosanus)#のスウォームが5月に何度か見られたが、大規模ではなかった。
& 小笠原諸島固有種(亜種を含む。)
$ 非固有広分布種
# 外来種

(2015-6-25)(20150626改)
 戻 る


歳時記12'14~02'15

写真はムニンフトモモの新緑(父島)
 New leaves of Metrosideros boninensis in Chichijima

! 地震 Earthqueke

発生日時  震央地名   緯度 N 経度 E    深さ  観測地 震度 
 2014/12/07 21:01:36.8  父島近海  26°57.3′  142°15.9′  74km  4.2  母島  1
2014/12/10 10:25:19.8  父島近海  26°32.1′  142°23.8′  56km  3.6  母島  1
2015/01/25 19:41:12.8  鳥島近海  29°12.5′  139°44.7′  425km 5.4 母島  1
(注)父島・母島で観測された震度1以上の地震を掲載。
 * 気象庁>各種データ・資料>震度データベース検索

http://www.data.jma.go.jp/

~ 津波 Tsunami
・無し
 http://www.data.jma.go.jp/

!! 火山 Volcano
西之島
・噴火活動の状況
2015年2月23日時点で、新たな陸地の面積は約2.5平方kmになっています。
 西之島では噴火活動が継続しており、島の中心から概ね4km以内では噴火に警戒してください。*
* 全国の活火山 火山の状況に関する解説情報 第3号
平成27年2月24日19時00分 気象庁地震火山部
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/volinfo/VK20150224190124_900.html
国土地理院は3/17、噴火による拡大が続く小笠原諸島・西之島の新たな航空写真を公開した。標高は137メートルに達し、海面上の体積は東京ドーム約52個分の6446万立方メートルとなった。
 民間の無人航空機が1日に撮影した画像を分析した。前回撮影した2014年12月時点と比べると、標高は27メートル高くなり体積は1・3倍に増えた。陸地面積は、1・1倍に広がり2・55平方キロだった。*2
*2 どうしんウェブ/電子版(社会)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0112658.html

・空振の発生状況
11月に引き続き、父島、兄島、母島で鳴動が聞こえ空振が感じられているとのこと。

硫黄島*3
 火山性地震はやや少ない状態で経過。GNSS 連続観測によると、地殻変動は2014 年12月上旬頃から隆起の傾向がみられ、2015 年1月中旬頃から隆起速度が上がっていたが、2月上旬頃から停滞。その他の観測データに特段の異常は認められず。硫黄島の島内は全体に地温が高く、多くの噴気地帯や噴気孔があり、過去には各所で小規模な噴火が発生。火山活動はやや活発な状態で推移しており、火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生すると予想されるので、従来から小規模な噴火が発生した地点(ミリオンダラーホール(旧噴火口)等)及びその周辺では噴火に警戒。
 2012年4月27日以降の火山活動に伴い、2012年4月29日に火山現象に関する海上警報を発表。その後警報事項に変更はない。
・噴気・地熱・噴出物等表面現象の状況
【ミリオンダラーホール(旧噴火口)の状況】
 ミリオンダラーホール(旧噴火口)では、2012 年2月上旬から水蒸気爆発が度々発生、海上自衛隊からの情報提供によると今期間の噴火の発生はない。
【遠望カメラによる状況】
 阿蘇台東遠望カメラ(陥没孔の東北東約900m)による観測では、島西部の阿蘇台陥没孔
と井戸ヶ浜からの噴気は認められず。
【現地調査結果(2月16〜19 日)】
海上自衛隊の協力により、16 日から19 日にかけて以下の地域で現地調査を実施。
阿蘇台陥没孔の噴気の高さは10m以下。前回(2015 年1月)調査と同様、孔の中の湯だまりは認められず。阿蘇台陥没孔北側の断層面及び地熱域での地中温度は前回調査時に比べて大きな変化はなし。
『摺鉢山の状況』
前回(2014 年8月)までの調査と比べると、火口壁の変質地帯の広範囲から噴気が活発に出ていた。この場所では、以前にも噴気が活発に出ていた時期があり。
『その他の地域の状況』
 離岸温泉跡、金剛岩、ミリオンダラーホール(旧噴火口)、井戸ヶ浜、硫黄ヶ丘及び翁浜などその他の地域では、噴気や地熱、地形等の状況は、前回(2015 年1月)までの現地調査で確認された熱活動や地形と特段の変化は認められず。
・地震活動の状況
 2/13 日及び14 日にかけて一時的に火山性地震が増加、その後減少。今期間、火山性地震は全体としてやや少ない状態で経過。
調和・単色型の火山性微動が時々発生し、継続時間は最長で約6分(3日02 時35 分頃)。これらの火山性微動が観測された時間帯に、その他の観測データに異常は認められず。
・地殻変動の状況
GNSS2)連続観測によると、地殻変動は2014 年2月下旬頃から隆起・停滞を繰り返し2015 年1月中旬頃から隆起速度が上がっていたが、2月上旬頃から停滞。
*3 硫黄島の火山活動解説資料(平成27 年2月)[一部字句を修正し引用]
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast.html


火山警報等
・西之島,<西之島の火口周辺警報(入山危険)を切替>
 西之島で噴火活動が継続。西之島の中心から概ね4km以内では噴火に警戒してください。
私注 6km→4kmに縮小.
<火口周辺警報(入山危険)が継続> 平成27年2月24日18時00分 気象庁地震火山部 *4
*4 噴火警報・予報: 西之島
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20150224180010.html

・硫黄島,火口周辺危険,噴火警報(火口周辺) 平成19年12月1日10時01分指定*5.
*5 http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_03_20071201100210.html
火山現象に関する海上警報 平成24年4月29日15時観測 18時30分発表 噴火が発生するおそれ 周辺海域警戒*6
*6 火山現象に関する海上警報 硫黄島
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaijyo/kako/kaijyokeiho_20120429_329.html
私注2 硫黄島は、火口周辺の噴火警報と周辺海域警戒の両方がでている。

火山現象に関する海上警報
・福徳岡ノ場,周辺海域警戒,噴火警報(周辺海域) 平成19年12月1日10時02分指定*7.
*7 火山現象に関する海上警報 福徳岡ノ場
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaijyo/kako/kaijyokeiho_20091201_331.html

& 天文 Astronomy
・2014/12/22(月)冬至 月齢 0.1*2
  日出*     日没*  標高* 
 父島 06:16:18  16:43:01   3m
 母島  06:16:18  16:43:01  32m
* 日の出日の入り(日本地名選択)-高精度計算サイト
 http://keisan.casio.jp/exec/system/1236677229

*2 小笠原海上保安署 2014年12月潮汐表
 http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/yokohama/ogasawara/pdf/chyouseki1412.pdf

# 天候 Weather
月   降水量(mm)  降水量平年値 最高気温(℃)   最低気温(℃)  最大瞬間風速(m/s)  同風向
 12月  139.0  108.7   23.9  13.9  20.8  東南東
 1月   64.0    65.3 22.4   12.1  21.6  南南東
  2月   11.0   58.2  23.8   10.5  20.4  北北東
* 気象庁>各種データ・資料>過去の気象データ検索>月ごとの値>父島
 http://www.data.jma.go.jp/
 ・11月に引き続き12月は雨が多かった。又、冬が早いと感じた。2月は雨が少なく、北寄りの風が多く、冷え込み、今年は寒いと皆が言っていた。
*2 気象庁> 防災情報>気象情報>府県気象情報:東京都
 http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/319_02_662_20141111125010.html


= 台風 Tyhoon
・2014年は台風の強風圏に入ったものがあるが、暴風圏に入ったものは無かった。
・2015年1月13日、台風1号発生、日本に影響無く消滅。2月7日台風2号発生,日本に影響無く消滅。2月発生は珍しい。
* 気象庁>各種データ・資料>過去の台風資料> 台風経路図> 2014年/2015年
 http://www.data.jma.go.jp/

$ 植生 Flora

写真はモモタマナの紅葉(父島)
Turn red leaves of Terminalia catappa in Chichijima

・モモタマナ(Terminalia catappa)[桃玉名]$の紅葉が異常に遅く、落葉は北風の強風に促されたようであった。ビーデビーデ(Erythrina variegata)[ムニンデイゴ 無人梯梧]$の開花が遅く、2月以降に戻った?。ムニンフトモモ(Metrosideros boninensis)[無人蒲桃]&は降雨があれば新緑を伸ばし、目立った。
・ギンネム(Leucaena leucocephala)#*の開花は12月に入ると止んだ。
・オオバナセンダングサ(タチアワユキセンダングサ)(Bidens pilosa v.radiata)#*2は寒さにも係わらず、チョコチョコ開花していた。
& 小笠原諸島固有種
$ 非固有広分布種
# 外来種

* 小笠原諸島の外来植物 ギンネム
 http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-36aa.html
*2 小笠原諸島の外来植物 オオバナセンダングサ
http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-45d1.html

% 動物 Fauna
・ノスリ(Buteo buteo)&が上空を舞い、鳴いていた。
・オガサワラオオコウモリ(Pteropus pselaphon)&の食痕がついたモモタマナ(Terminalia catappa)$の実がよく見られた。
・中国船が9~12月に大挙して小笠原諸島海域に押し寄せ、サンゴ密漁(?略奪)を行った*。サンゴ(Coral)の被害ばかりでなく、同じ深度に生息する魚類も生息環境を破壊され、相当な打撃を受けたと思われる。大陸棚の海洋環境調査と国際的保全対策が必要であろう。

写真は捕獲したクマネズミ(父島)
Rattus rattus in Chichijima

・庭でネズミを捕獲しようと篭罠、シャーマントラップをNPOから借りて庭に各2個設置。偶にクマネズミ(Rattus rattus)#が篭罠にかかる。こげ茶色の他に黒いクマネズミが掛かり、それ以外のネズミは無し。
& 小笠原諸島固有種(亜種を含む。)
$ 非固有広分布種
# 外来種
* 中国漁船のサンゴ密漁問題
http://news.yahoo.co.jp/list?t=china_coral_poachers
(2015-3-31)
 戻 る