月刊小笠原諸島 Monthly Bonin Islands

歳時記 Seasonal Letter 2012
本文へジャンプ
歳時記2016

歳時記2015

歳時記2014


歳時記2013

歳時記2012


歳時記2011

歳時記2010


歳時記2009

歳時記2008

歳時記2007

歳時記2006

歳時記2005

歳時記2004


歳時記2003

歳時記2002

歳時記2001

歳時記2000

歳時記1999


国設酸性雨観測所(父島)
National Acid Rain Observatry at Chichijima




歳時記2012-12

! 地震 Earthquek
・2012年10月23日17:53:36.1 28゜58.7'N 139゜41.0'E 468km M:5.9 小笠原諸島西方沖 
 震度2 三日月山、母島  震度1 西町
・2012年11月14日23:17:15.6 26゜35.5'N 142゜11.4'E  44km M:3.9 父島近海 震度1 母島
・2012年11月29日00:07:44.3 27゜21.0'N 142゜58.5'E  81km M:5.3 父島近海 震度1 西町、三日月山
* 気象庁 震度データベース検索http://www.seisvol.kishou.go.jp/
~ 津波 Tsunami
・なし
& 天文 Astronomy
・秋分の日は毎年9月23日ごろ、春分の日は3月20日ごろで変動することは承知していたが、今年の秋分の日は116年ぶりに9月22日。確かに、3人の子の誕生日が23,24,25日と連続していたので誕生祝いを秋分の日に一度で済ませていた。22日になるとは思っていなかった。
 # 天候 Weather
・ 9月 降水量 187.0 最高気温 31.2 最低気温 23.5
 10月 (mm)  262.0   (℃)  30.3       18.5
 11月     70.0         26.7       14.9
* 気象庁 月ごとの値(父島)http://www.data.jma.go.jp/
9月は暑く、雨もスコールがちょこちょこあり、下旬の雨台風で雨量も多く、10月も1週間後の雨台風の後、暑さが続いた。11月は晴天が続いたが、急に寒くなったりした。
= 台風 Tyhoon
・台風18号、9月26日小笠原群島直ぐ東を北上、強風圏も無い雨台風だった。家は一応「台風養生」*した。
・台風19号、10月3日小笠原群島を北上直撃、大型だったが強風圏も無い雨台風だった。船舶も「台風養生」していた。
・台風22号、10月16日小笠原群島を直ぐ西を北上、強風圏も無い雨台風だった。
*「台風養生」、小笠原現代日本語事典/本文に掲載。
http://homepage1.nifty.com/Bonin-Islands/dialect_bn.htm
漁港の台風養生(父島・二見漁港)
Readiness for typhoon in Futami fishery har bour,Chihijima

< 父島旭山にある国設酸性雨観測所(環境省)の施設公開が10/20初めて行われた。
植生 Flora
・オガサワラグミ(Elaeagnus rotundata)がよく開花し、シャリンバイ(Rhaphiolepis indica v. umbellata)、シマモクセイ(Osmanthus insularis)も早くよく開花した。一方アコウザンショウ(Fagara boninsimae)は結実が遅いようである。
・モモタマナ(Terminalia catappa)がさっぱり紅葉しない、個体差が大きいがほとんど落葉が見られないのも不思議な気がする。
・台風の塩害に遭わなかったギンネム(Leucaena leucocephala)は多雨により開花、結実が盛ん。ランタナ(Leucaena leucocephala)も引き続き花が目立った。
・南根腐病[みなみねぐされびょう](Phellinusu noxius)が木本に広がっているという。
オガサワラグミ(父島)(Elaeagnus rotundata)
% 動物 Fauna
・あかぽっぽ(アカガシラカラスバト)(Columba janthina)は街中から姿を消したが山中への出現は遅いようだ。
・家の周辺のタコノキ(Pandanus boninensis)は新芽への食害が広がっている。外来マイマイのようだ。(2012-12-22)
時記
歳時記2012-09

! 地震 Earthquek
・2012年6月8日04:08:19.4 26゜33.1'N 142゜27.2'E 25km M:3.4 父島近海
震度1 母島
・2012年6月30日09:09:12.1 28゜8.9'N 142゜39.8'E 109km M:4.9 父島近海
震度1 父島西町、三日月山
・2012年7月20日15:50:16.2 24゜58.7'N 140゜55.2'E 96km M:5.1 硫黄島近海
震度1 母島
・2012年7月31日09:40:36.3 26゜20.5'N 142゜4.3'E 46km M:4.1 父島近海
震度1 母島
・2012年7月31日11:28:41.0 26゜28.9'N 142゜38.8'E 0km M:4.2 父島近海
震度1 母島
* 気象庁 震度データベース検索http://www.seisvol.kishou.go.jp/cgi-bin/
 体感しないが父島近海震源の地震が起きている。
津波 Tsunami
・2012年8月31日フィリピン諸島(北緯10.9度、東経127.1度)で地震(M:7.9)、22時5分小笠原諸島にも津波注意報(30cm)が発表されたが潮位の変動は無かった。フィリピンでも0.03m高。
& 天文 Astronomy
 ・夏の星座、蠍座(Scorpius)、白鳥座(Cygnus)、鷲座(Aquila)、琴座(Lyra)や天の川(Milky way)がくっきりと見える夜が多かった。
 # 天候 Weather
・ 6月 降水量 79.0 最高気温 30.4 最低気温 21.6
 7月 (mm) 21.5     (℃)   31.8           22.5
 8月     163.0           31.6           22.4
* 気象庁 月ごとの値(父島)http://www.data.jma.go.jp/
6月は5月と打って変わり暑い夏が急に来た感じだった。しかし、小笠原(太平洋)高気圧*2が東、北東に偏った7,8月は風が比較的さわやかな日々が多く、7月は乾燥、8月後半はスコールよりも強い雨が多かった。8月にウェザーステーションや中央山から聟島列島と母島列島がともに見えたのは珍しくまるで秋の天気のようだった。
*2「小笠原高気圧」、小笠原現代日本語事典/本文に掲載。
http://homepage1.nifty.com/Bonin-Islands/dialect_bn.htm

写真はムニンフトモモの枯死個体(父島)Metrosideros boninensis)
写真はムニンノボタン開花(植栽)

= 台風 Tyhoon
・台風10号、7月30日小笠原群島近海を東から北東に通過したが、強風圏も無く父島は静かだった。家は一応「台風養生」*をした。
*「台風養生」、小笠原現代日本語事典/本文に掲載。
http://homepage1.nifty.com/Bonin-Islands/dialect_bn.htm

写真はイエシロアリ(Coptotermes formosanus)
$ 植生 Flora
・夏に開花するムニンノボタン(Melastoma tetramerum)、アサヒエビネ(Calanthe hattorii)、ムニンフトモモ(Metrosideros boninensis)など小笠原諸島固有の花が見られた。
・ムニンフトモモの中央山々頂北鞍部の個体群は、開花が山頂からもよく見えていたが、アカギ(Bischofia javanica)、リュウキュウマツ(Pinus luchuensis)等の繁茂により枯れ衰退しつつある。
・外来種も旺盛で、ガジュマル(Ficus microcarpa)がよく結実する一方、新芽を8月に伸ばしている。ギンネム(Leucaena leucocephala)は開花が遅いものの、新芽、枝、種子発芽が盛ん。ランタナ(Leucaena leucocephala)もあちこちで黄〜橙色の花が目立つ。
・山火事が8月11日、電信山*遊歩道であった*2。乾燥、落雷などによる山火事は今まで無いようで、人為的な原因と推測されている。
*「電信山」、小笠原諸島の山々(父島)に掲載。
http://homepage1.nifty.com/Bonin-Islands/yama-chichi.htm
*2 山火事跡の写真はblog カリッサに掲載。
http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/

写真はイエシロアリの女王
the Queen in the nest of Coptotermes formosanus
% 動物 Fauna
・あかぽっぽ(アカガシラカラスバト)(Columba janthina)の幼鳥が町中に頻繁に現れ、現在のところ幻の鳥では無くなっている。しかし、建物ガラスへの衝突、飼い猫の襲撃、交通事故などにより死傷事故が起きている*。人と野生生物との共生は村民みんなの理解と協力が必要だ。
* 小笠原村(2012)「村民だより 604 平成24年9月1日」[アカガシラカラスバトの事故報告]p8
・アオウミガメ(Chelonia mydas)の砂浜への上陸産卵行動も盛んだ。産卵場所が海浜の奥だとその年は台風が多いという小笠原諸島の天気俚諺で、今年は台風が多く来るという噂もある。海浜低木林内に生むのが青海亀の習性だそうが、そうでない場所に産卵しているものも目立つし、海浜が人工改変されて海浜林が無い場所でも産卵されている。ウミガメの台風天気俚諺は怪しい。
・イエシロアリ(Coptotermes formosanus)の大乱舞(スオーム)が比較的少なくなったが、時期が5月の梅雨の蒸し暑い頃から遅れ、家では周辺から発生(その後巣を発見!)、又今まで無かった東側から来襲してきた。
・家のタコノキ(Pandanus boninensis)の葉を食い切り落としている虫?がいる!?。小笠原タコノ葉細工あすか工房*の材料が食われている一大事と都亜熱帯農業センターに連絡、病害虫担当者が駆け付けウスカワマイマイ(Acusta despecta)の大発生が原因と判明、ナメクジ・マイマイ誘引防除剤をタコノキに上から降りかけ地面にも撒く。効果があったが、8月後半の雨で再活動、再防除。シュリマイマイ(Coniglobus mercatorius)の活動が収まったかと思ったら、次はウスカワマイマイが大発生、この戦いはしばらく続きそうだ。
* 小笠原タコノ葉細工あすか工房http://asukacraft.cocolog-nifty.com/blog/
・クマネズミ(Rattus rattus)の轢死体をよく見かけ、食害、落枝も続いている。新たに
ムニンフトモモ(Metrosideros boninensis)、ダイサンチク(Bambusa vulgaris)の落枝が確認された。(2012-09-03)(20121222天候記事追加)

写真はタコノキを食害するウスカワマイマイ
(Acusta despecta)

歳時記2012-06
! 地震 Earthquek
・2012年4月17日11:14:55.8 27゜9.0'N 141゜16.2'E 116km M:4.3 父島近海
震度1 父島三日月山、母島
・2012年5月1日14:33:49.3 25゜31.4'N 141゜8.2'E 111km M:5.5 硫黄島近海   震度2 父島三日月山、母島 1 父島西町
・2012年5月12日05:34:24.2 30゜41.9'N 139゜3.8'E 421km M:5.3 鳥島近海  
震度1 父島西町、三日月山、母島
・2012年5月27日06:48:8.8 27゜0.1'N 140゜38.9'E 499km M:6.3 小笠原諸島西方沖 震2 母島  1 父島西町、小笠原村父島三日月山

~ 津波 Tsunami
・無し
& 天文 Astronomy
・2012年5月21日本土で何百年振りの金環食と大騒ぎしたものが、父島では部分日食で動きの速い雲に隠れたり薄く又ははっきりと見えた。
時刻  かける割合(面積比)
6:07:18  0.000      食の始め
7:21:10  0.684      食の最大
8:48:53  0.000      食の終り
* 国立天文台 暦計算室 日食各地予報
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/koyomix/eclipsex_s.html
# 天候 Weather!
・ 降水量 3月 39.0 最高気温 25.0 最低気温 12.1
(mm) 4月 132.0  (℃) 24.8 14.5
5月 149.0 28.4 15.0
* 気象庁 月ごとの値 父島
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/

2月は比較的暖かく感じたが、3,4月は寒く感じる日が多く、4月末から梅雨模様の曇り、雨、「ガス陽気」が続き晴れの日が少なく,5月も同じ陽気が続き蒸し暑さは感じるが、太陽の暑さを感じない。今年は梅雨が長い。・2012年8月31日フィリピン諸島(北緯10.9度、東経127.1度)で地震(M:7.9)、22時5分小笠原諸島にも津波注意報(30cm)が発表されたが潮位の変動は無かった。フィリピンでも0.03m高。
= 台風 Tyhoon
・台風2号、5月26日小笠原群島南を南西から北東にかすめて行ったが、父島は強風圏にも入らず静かだった。
$ 植生 Flora
・タマナ(テリハボク)(Calophyllum inophyllum)が季節外れに沢山結実した。ムニンノボタン(Melastoma tetramerum)の稚樹は冬季を越し生育している。ムニンキケマン(Corydalis heterocarpa var. brachystyla)の花を小港海岸の海岸林(河畔林)で久しぶりに見る、よく観察しないと。ムニンヒメツバキ(Schima mertensiana)がよく開花している。外来種のギンネム(Leucaena leucocephala)は多雨でよく葉を展開しているが花は遅い。同じくコシナガワハギ(Melilotus indica)は少なかった。同じくソウシジュ(Acacia confusa)はよく開花。 ムニンノボタン(Melastoma tetramerum)の稚樹
% 動物 Fauna
・オガサワラオオコウモリ(Pteropus pselaphon)がタマナの実を食べた跡が見られた。季節外れの結実のせいか。
・メジロ(Zosterops japonicus)、ハシナガウグイス(Cettia diphone)、オガサワラヒヨドリ(Hypsipetes amaurotis)、イソヒヨドリ(Monticola solitarius)の雛をよく見かける気がする。
・アオウミガメ(Chelonia mydas)が産卵のため上陸、穴を掘ったが途中で止め帰った跡が小港にあった。
・シュリマイマイ(Subgenus mercatoria)が我が家では大繁殖している。降雨の後に外壁、玄関ドアなどを登っているのが目立つようになった。かつてのアフリカマイマイ(Achatina fulica)のようだ。
・クマネズミ(Rattus rattus)の食害、落枝がひどい。モンテンボク(Hibiscus glaber)が一番ひどく、オガサワラビロウ(Livistna chinensis var.boninensis)の葉柄もかじられ落枝、ツルダコ(Freycinetia formosana)も新芽を人が引き抜いたように。(2012-06-03)

食べられたタマナの実(右)とペレット(左)(right:ate frouts of Calophyllum inophyllum,left:pellet of those)

放棄されたアオウミガメの産卵穴
(the left Egg Hole of Green Sea Turtle)

歳時記2012-03
! 地震 Earthquek
・2012年1月1日14:27:52.0 31゜25.6'N 138゜33.9'E 397km M:7.0 鳥島近海
震度2 父島西町、三日月山、1 母島
・2012年2月29日00:07:33.2 28゜10.5'N 139゜44.5'E 521km M:6.0 小笠原諸島西方沖 震度1 西町、三日月山、母島
~ 津波 Tsunami
・無し
& 天文 Astronomy
・冬の星座がよく見える季節の筈だったが、今季は曇、雨の夜が多くもう春の星座になっている。
・2012年3月20日春分の日、日出5:35、日没17:43*。昼(太陽の出ている時間)12時間8分、夜(太陽の出ていない時間)11時間52分、昼が夜より8分長い。「春分」は「春、昼の時間が長くなって来て、夜と同じ長さになるとき。」*2と言われるが、その日は4日早く今年は3月16日(昼 5:40~17:41)だった。
* 小笠原海上保安署HP http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/yokohama/ogasawara/pdf/chyouseki1203.pdf
*2 三省堂国語辞典第6版

# 天候 Weather
・ 降水量 12月 93.5 最高気温 26.9 最低気温 13.2
(mm) 1月 99.0  (℃) 23.7 11.4
2月 47.5 23.9 12.3
12,1月は雨が比較的多く晴の日が少なく体感温度は寒い日々が多かった。又、暖かい日も寒い日も長続きせず、寒暖の変動が激しかった。
= 台風 Tyhoon
・2012年、台風は未だ無し。
$ 植生 Flora
・開花が遅いと感じられた。ビーデビーデ(デイコ)(Erythrina variegata)が早いものは年末から開花するところが、2月に開花し始めた。シマモクセイ(Osmanthus insularis)、シャリンバイ(サンドル)(Rhaphiolepis indica v. umbellata)は良く開花し結実もしている。外来種も遅く、コメツブウマゴヤシ(Medicago lupulina)も歳が明けてから発芽し、こんもりと繁茂している。ノヤギ(Capra hircus)が居なくなったのか、シマザクラ(Hedyotis grayi)の若木が目に付くようになった。
写真はコメツブウマゴヤシ(Medicago lupulina)
(大神宮相撲場)
% 動物 Fauna
・ザトウクジラ(Megaptera novaeangliae)がよく沿岸に来ている。
・グリーンアノール(anolis carolinensis)が未活動のせいか、我が家に初めてゴミグモ(Cyclosa sp.)が軒下に巣を張った。
・アカポッポ(アカガシラカラスバト)(Columba janthina)が初寝歩道で比較的よく見かけられた。
・大神宮のインドボダイジュ(Ficus religiosa)の葉やモモタマナ(Terminalia catappa)の実がオガサワラオオコウモリ(Pteropus pselaphon)によく食べられていた。
・クマネズミ(Rattus rattus)が夜明道路で車に轢かれていたのが目立った。(2012-03-21)
写真はザトウクジラ(Megaptera novaeangliae)(二見湾沖))

写真はクマネズミ(Rattus rattus)死体(長崎・夜明道路)